2019.02.12

押入れ収納は空間の区切り方がすっきりしまう最大のコツ!

3.押入れ収納のポイントと便利な収納グッズ


何を入れたいか?がしっかり決まったら、いよいよここからは押入れ収納を作っていきます。押入れは大容量の場所なので、そのまま小さいモノを置くとすぐに埋もれてしまいますし、形が定まらないものなら積み重ねるのが難しいです。そこで、箱や棚など四角に仕切ることができる収納グッズを活用していくと、定位置が定まりやすくなりますよ。あると便利な収納グッズを紹介します。

 

strage201902-4

 

①布団袋・布団収納ケース

毛布や掛け布団などやわらかい布モノは、布団袋がある方が断然使い勝手が上がります。布団圧縮袋はスペースがコンパクトになりますが、羽根ぶとんに使うと羽根の折れにつながる恐れもあるので、少し注意が必要です。布団収納ケースには色々なサイズがあるので、入れたい毛布や布団の量とご自宅の押入れのサイズを測ってから合うものを選定しましょう。

 

②衣装ケース

衣類を収納する場合は引き出し式のプラスティック衣装ケースが使いやすいです。衣装ケースにはクローゼット用、押入れ用とサイズもさまざま。押入れには押入れタイプが合いますが、奥行きが深くなるので手前側に衣装ケースをおいて後ろ側に季節家電という方法でもいいでしょう。

 

③コの字ラック

押入れの空間(高さ)を無駄なく使うには、積み重ねられるグッズがあれば役立ちます。イラストの左側中段のようにコの字ラックを使えば、箱の上に布団などを積むことができる上、コの字ラックの下に置いている箱の取り出しもスムーズに出来ますよ。

 

④バンカーズボックス

細々したものをまとめるには、バンカーズボックスのような丈夫な箱やケースがあると便利です。1BOX1種類を目安に、例えば「おもちゃボックス」「思い出ボックス」「裁縫BOX」などといったようにまとめておくと、後からでも取り出しやすく、使いやすくなりますよ。

 

まとめ


押入れの収納グッズには色々なものがあります。何を入れたいかを決め、押入れの高さ・奥行きの特徴を考えながら収納すれば、使いやすく見た目もスッキリした押入れ収納になること間違いなし!

ぜひこの機会にあなたの家押入れを見直してみて下さいね。

 

文/笹田奈美子

≪ BACK 1 2

3

笹田奈美子

整理収納コンサルタント。自宅新築の際、収納スペースを整えたにも関わらずうまく片付けることが出来ずに挫折。その時に整理収納を学び、自宅で家族が使いやすく・片付けやすい仕組みを構築する。2014年cozyroom(コージールーム)開業、個人宅向け整理収納サービスをスタート。