2016.07.03

こんまり流!クローゼットの片付け術

全部取り出して「ときめく服」だけになったら、開けたときにも、ときめくしまい方を。着たい服がすぐ見つかり、身支度が時短できる、こんまり流クローゼットの整え方を紹介します。

 ★「こんまり流」とは…

著書「人生がときめく片づけの魔法」が世界的ベストセラーになった、「こんまり」こと近藤麻理恵さんが提唱する片づけ術のこと。

 

整え方のポイント

1、色や素材によってグラデーションにする

色が濃い、厚手の素材などの「重い」ものを奥に、色がうすい、素材が薄手など「軽い」ものを手前にしてグラデーションで並べる。持っている服の傾向が明確になりムダ買いもなくせる。

2、全部が見渡せるようにとにかく「立てる」

かける衣類にくらべて、把握がしにくい引き出しの中の衣類や小物は、重ねるのではなく「立てる」のが基本。開けたとき、どこに何があるのかがひと目でわかるので、選ぶときも迷わない。

3、正しくたたむと戻すのがラクになる

衣類を「立てる」収納にするために重要なのがこんまり流の「正しいたたみ方」。でき上がりがシンプルな長方形になるのでコンパクトなうえ、定位置に戻すのもぐんとラクに。

スクリーンショット 2016-07-01 11.27.48

 

A.かける衣類は「重→軽」に右肩上がりに並べる

スクリーンショット 2016-07-01 11.28.16

衣類をかけるときの合言葉は「右肩上がり」。左からコートやジャケットなど丈が長くて重いもの、ブラウス、スカートなど軽いものを右へ。

 

B.靴箱に入らないシーズンオフの靴を入れてもOK

スクリーンショット 2016-07-01 11.28.22

玄関のたたきには、家族の人数分以上の靴を出さないのがこんまり流。靴箱におさまりきらないシーズンオフの靴は、クローゼットに入れても。

 

C.バッグは持ち手だけ出してバックinバッグに

スクリーンショット 2016-07-01 11.28.32

毎日のように使うもの以外は、バックinバッグにして立てて収納して省スペースに。持ち手を出しておくと、探しやすく取り出しやすい。

 

D.ハンガーをそろえると「むやみに買わない」効果もあり

スクリーンショット 2016-07-01 11.28.26

ハンガーの種類をそろえると、見た目もスペースもスッキリ。今ある服がひと目で見渡せればときめきで満たされ、ムダ買いが減る効果も!

 

E.右肩上がりだから衣類の下も有効に使える

スクリーンショット 2016-07-01 11.28.38

かける衣類が右肩上がりになっていれば、短い衣類の下のスペースが使える。収納ケースを重ねたり、靴下などの小物類を置いても。

 

Chanto