2019.02.04

リビングの生活感を払拭するポイント6つ

S-3-1

突然ゲストがやってきても、慌てることなく対応できる素敵なリビングルームに憧れる女性は多いですよね。しかし子育てママの現実を見てみると……「とてもじゃないけど無理!」なんて思ってしまいがちなものです。

「なんとかしたいのに……」なんて、モヤモヤした気持ちを抱えたら、できるところから工夫をスタートしてみませんか? 生活感がなく、スッキリとした印象のリビングを作るため、6つのポイントを紹介します。

■見せたくない物を隠す

リビングの中で生活感を抱かせるのは「生活にとって必要不可欠なこまごまとしたもの」です。これらが組み合わさることで、なんとなくゴチャゴチャした印象になってしまいます。

・配線
・子どものプリント
・ゴミ箱
・お掃除グッズ

配線は専用ボックスを購入して、隠してしまうのがオススメです。どうしても難しいときには、壁にピッタリと沿わせるだけでもスッキリした印象につながります。

子ども関連のプリントは、「目につく場所にあってほしい!」と思うママも多いはず。全てをまとめてクリップで留めたら、一番上にオシャレな紙をはさむだけで、インテリアの一部になってくれるでしょう。

ゴミ箱やお掃除グッズは、好きなテイストでリメイクして、まとめておくのがオススメですよ。

■テーブルの上は何も置かない

スッキリとしたリビング空間を作りたいときには、まずテーブルの上に何も置かないことを意識してみてください。テレビのリモコンやティッシュの箱、溜まった書類など、それぞれを片付ける専用スペースを用意することで、来客があったときに目につきやすい場所を美しく保つことができるでしょう。

テーブルの上がスッキリすれば、リビングでくつろぐときにも快適です。また出しっぱなしになっているものを「片付けなきゃ!」と思わせる効果も抜群ですよ。

佐藤 千尋

佐藤千尋
宮崎県のライターで執筆歴は3年。家事歴10年の経験を活かして、皆さんに役だつ情報を提供できれば幸いです。