2019.08.20

〝名もなき家事〟を理解しない夫「それくらいいいだろ」に泣きたくなる!!

トイレットペーパーを替える、シャンプーを詰め替える、ゴミ袋をつけ替える…いわゆる〝名もなき家事〟は、生活の中に無数に存在します。ところがこの面倒くささと、意外と手間と時間がかかることは、普段やっている人にしか理解できません。この〝名もなき家事〟と日々格闘するママたちを、旦那の無神経攻撃が襲いました!

 

 

■替えるのは私なんですけど(はるなさん/33/育休中)

iStock.com/Terryfic3D

うちの旦那は「次の人のために」という気持ちを、いっさい持ち合わせていないんです。たとえば、自分がちょうどトイレットペーパーを使い切ったとしても、次の人のために新しいものをセットしておく…なんてことは絶対にしません。

取り出したティッシュが最後の1枚だったとしても、空箱を捨てて新しいものを置いてくれたことは一度たりともありません。「在庫はここにあるからね」と伝えているのですが、聞いているのかいないのか。

なのに先日もお店で、おしゃれだけど入れ替えがめんどくさそうなティッシュケースを見つけ「これいいじゃん! リビングに置いてるティッシュこれに入れようよ」と。私は即「オシャレだけど、いちいち入れ替えるのが面倒!」と却下。

すると「それぐらいいいじゃないか。週に1回くらいのことだろ?」と…その週1の作業が、どれだけ面倒なのか分かってないんでしょうね。自分がやるわけじゃないからって、簡単に言われると本当に頭にきます。