コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

日用品の買い置きは2つまで!?我が家のストック新ルール

家事

2019.07.02

トイレットペーパーなどの在庫切れは大問題になるので、一定数はストックして起きたいものですが、あまりに買い溜めしすぎると収納スペースのことなども考えなければなりません。どれくらいのペースで買い足せば良いのでしょうか。

 

日用品はどれだけストックするべき?


最近ネット上では、とある新婚女性のお悩み相談が話題に。彼女は日用品のストックを安売りの度に買い足す派なのですが、夫は無くなり次第買うそうです。特にそれで揉めているという訳ではないようですが、投稿者はどれくらいのペースでストックを増やすのが一般的なのか気になった模様。ネットを通じて、世の中の人々に意見を求めていました。

 

日用品のストックについては、家庭によって様々な考え方が。例えば“特定の商品だけ買い溜めしておく派”からは、「トイレットペーパーだけは大量にストックしてる」「ティッシュは安い時にまとめ買いしてるかな。洗剤やシャンプーとかはなくなりそうになったら買い足す」「洗剤だけは半年分くらいストックがある」といった声が上がっています。

 

その他、「どれも2個以上は溜めない。常に2ストックをキープしてる」「とにかく安い時に大量買い」「小まめに買い物に行くのが苦手で、給料日の日にまとめて買っちゃう」「最近はネットで日用品を買うようにしてるから、あまりストックは用意してない」「子どももいないし各々1ストックずつで足りるかな」といった人も。環境や家族構成などでも、ストックに対する考え方は変わるようです。

 

また近年は、災害に対する意識が高まっている傾向が。「何かあった時のために、紙類は必要以上にストックしてる」「色々な震災を見てきて水やトイレットペーパーは備蓄しておくようになった」「災害のためのストックを用意して、古くなったものから使い、使った分だけ買い足すっていうサイクルを回してる」などの書き込みも見られました。

 

ストックしがちな日用品第1位は?


実際に世の中の人々は、どのような日用品をストックしているのでしょうか。不動産・住宅サイト「SUUMO」を運営している「株式会社リクルート住まいカンパニー」は、以前「家に十分あるのについ買いだめしてしまうものは?」というテーマのアンケートを実施。「SUUMOなんでもランキング」として、結果を発表していました。

 

まず第1位に輝いたのは「トイレットペーパー」で20.4%。5人に1人が「買い溜めする」と答えており、回答者は「無くなったときかなり困るから、ついつい安いときに買ってしまう」「腐るものでもないし、よく使うものだから」と理由を語っています。第2位は「ティッシュ」で15.1%。こちらも「トイレットペーパー」と同じような理由で、やはり紙類の買い溜めは鉄板のようです。

 

第3位は14.2%の票を集めた「カップラーメン」。ここにきて食料品がランクインを果たしましたが、やはり災害対策で備蓄しておく人も多い模様。その下には第4位「シャンプーやボディーソープ」(11.3%)、第5位「洗剤」(10.8%)といった日用品が続いています。

 

ストックの溜めすぎには要注意?


様々なストックの仕方がある一方で、ネット上では「使わないまま存在を忘れちゃうことがよくある」「多分うちの収納スペースに余裕がないのは無駄なストックのせい」「スーパーの安売りで買い足して、家に帰ってから『これ前に買ったじゃん!』ってなりがち」「数年前に買った未使用の歯ブラシを発掘した」といった嘆きも。使わないまま数年放置してしまうケースもあるようです。

 

以前放送された『新説! 所JAPAN』(フジテレビ系)では、経済ジャーナリストの荻原博子さんが「収納って、一回入れるのはいいんですよ。その後に色々入れていくじゃないですか」「そうすると奥のものをわざわざ出そうとは思わないから、化石のようにどんどん堆積していく」と指摘。また「あったら便利なもの」は大体無くても困らないので、必要な時に買えばいいとアドバイスしていました。

 

あると安心する日用品のストックですが、溜めすぎることなく上手にサイクルを回せると良いですね。

 

文/牧野聡子

 

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【収納・片付け】その他の記事

収納・片付け
もっと見る