コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

大活躍!百均物入れを上手に使って、収納上手を目指してみよう!

家事

2019.06.27

2-1

お財布に優しい100円グッズは、家じゅうをきれいに整理整頓したい!と思ったときの味方でもあります。「一つ100円」の収納グッズなら、手軽にいくつも購入できます。

とはいえ、「安いから」という理由で、考え無しに購入するのはオススメできません。百均で販売されている物入れを使って、理想の収納システムを作り上げるコツは、いったいどこにあるのでしょうか。知っておきたいポイントをまとめます。

■サイズをはかって、シンデレラフィットを目指そう!

百均で物入れを購入するとき、「なんとなく行ってなんとなく買う」というのは、あまりオススメできません。せっかく購入して帰っても、「何かが違う……」なんて失敗をしてしまいがち。いくら「一つ100円」と手ごろな価格で購入できても、無駄にするのはもったいないものです。

スッキリしているだけではなく、使い勝手の良い収納システムを目指すのであれば、まずは「収納場所を知る」ところからスタートしましょう。

収納場所のサイズを計測し、「理想の収納ボックスのサイズ」を決定します。もちろん、「この場所に何をしまうのか」「購入予定の収納ボックスに、無理なく片付けられるかどうか」も検討しておくべきポイントとなります。

おさめるべき物を、美しい収納ボックスに入れ、それらが収納庫に美しくおさまった様子は、まさにシンデレラフィット!見るたびに「気持ちいい」と感じられる、理想の収納システムを手に入れられそうですね。

■色を統一して「スッキリ」感を演出

百均アイテムでも、スッキリした収納空間を作るためには、いくつかのコツがあります。その一つが「空間全体の色味を統一する」ということです。

100円ショップに出掛けてみると、鮮やかなカラーの収納ボックスが並んでいます。自分の好きな色を見かけると、「ついつい手にとってしまう!」という方も多いのかもしれませんね。

しかし「一つの場所で使う色を増やし、さらにスッキリとまとめて見せる」というのは、かなり高度なテクニックが必要となります。素人には難しい!と言って良いでしょう。

それよりも簡単なのは、「収納ボックスを、同じ色で統一する」という方法です。スッキリ見せたい気持ちが強いときに、特にオススメなのは「白」や「黒」のモノトーンカラーです。

収納ボックスのカラーがモノトーンに統一されているだけでも、なんとなくオシャレで片付いた印象につながりますよ。

■中身を「見せる」or「見せない」は場所別に判断

100円ショップで購入できる収納ボックスには、「中身が見えるタイプ」と「見えないタイプ」が混在しています。それぞれにメリット・デメリットがありますから、これをしっかりと理解した上で、使い勝手の良いアイテムを選ぶようにしましょう。

中身を「見せる」収納グッズのメリット・デメリットは以下のとおりです。

【メリット】

・中に何を入れているのか、一目で把握できる
・物の迷子を防ぐことができ、無駄の削減につながる
・家族にとっても使いやすい収納が出来上がる

【デメリット】

・中身が透けて見えることで、スッキリ感を出しにくい

中身が見える収納ボックスを使えば、いつでも一目で中身を把握することができます。自分だけではなく、家族にとっても使いやすい収納システムにつながるでしょう。

一方で、「見た目のゴチャ付き」という面では、デメリットの方が大きくなってしまいます。「とにかくスッキリ感を重視したい!」と思う方にとっては、満足度が低くなってしまうかもしれませんね。

一方で中身が「見えない」収納グッズのメリット・デメリットは以下のとおりです。

【メリット】

・スッキリ見せて統一感が生まれやすい
・「片付ける」と「隠す」の手順が一体化することで、手間が少なくなる

【デメリット】

・中に何が入っているのか、外から把握しづらい
・家族にとって、使いにくい収納システムになってしまう可能性がある

中身が見えなければ、「とにかく放り込めばOK」の収納システムが出来上がります。幼い子どもがいても、「自分でお片付けできる仕組み」を整えられるのかもしれませんね。

一方で、中身が見えなければ、物の迷子は生まれやすくなってしまいます。このデメリットをどう解消するのかが、「中身が見えない収納ボックス」を使いこなすための秘訣だと言えるでしょう。

どこにどんな収納を取り入れると便利なのかは、家族の生活スタイルによっても変わります。「ここは見えた方が便利」「ここは見えなくても良い」など、場所ごとに使い勝手をチェックしてみましょう。

■詰め込み過ぎず、使い勝手の良さにこだわろう!

100円ショップの物入れを使って、理想の収納システムを作りたい!と思ったときには、「詰め込み過ぎない工夫」も必要となります。

全体的に「8割収納」を目指し、余裕を持たせることで「探しているものをさっと取り出せる収納」が出来上がります。ぜひ「見た目の美しさ」だけではなく、本当の意味での「使い勝手の良さ」を追求してみてください。

収納とは「しまう」ためのものではなく、「必要な物を取り出しやすくする」ためのものです。ここを間違えないようにするだけでも、快適な生活に近づけられることでしょう。

2-2

■まとめ

収納グッズは、100円ショップで揃えることも十分に可能です。「同じ物をたくさん買いたい!」というときでも、「一つ100円」なら気軽に挑戦できますよね。

今回紹介したコツも参考にしながら、100円物入れを活用して、美しく使いやすい収納を目指してみてください。

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【収納・片付け】その他の記事

収納・片付け
もっと見る