注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

意外と便利な綿棒箱のライフハック!収納容器として大活躍

家事

2019.04.17

20190318menbou01毎日のように新しい話題がフィーチャーされるネットの世界。この記事では、SNSや検索サイトで注目を集めているワードをチェックしていきます。意外なトレンドが見えてくるかも!?

 

「綿棒箱」が話題のワードに!?


今年3月に「綿棒箱」がTwitterのトレンド入りを果たしました。理由は「痛快TVスカッとジャパン」(フジテレビ系)に出演したKing & Princeの岸優太さんが、アクセサリーを「綿棒箱」に入れていると発言したから。意外と庶民的な一面に、ファンからは「かわいすぎる!」と黄色い歓声が上がっています。

 

この日の番組では、岸さんが一番大事にしている“宝物”を公開。これが話題になっている「綿棒箱」で、佐藤勝利さんや菊池風磨さんなど様々なアイドル仲間からもらったアクセサリーが入っているそうです。しかし共演者からは、「他にもっといいケースあるんじゃない?」というツッコミが。すると岸さんは、「『どこいった?』ってなった時に、シースルーなんで」とメリットを語っていました。

 

どうやら容器が透明なため、小物入れとして使いやすいとのこと。彼の意外な宝物に、視聴者からは「かなり庶民派で好感度上がった」「他にもシースルーな箱なんていくらでもありそうなのに何で綿棒箱!?」「そもそも綿棒箱を“シースルー”って表現する人初めて見た!」といった声が寄せられています。

 

「綿棒箱」のライフハック


ツッコミの声が上がる一方で、「自分も綿棒箱を小物入れとして使ってる」「子どものペン入れとかにしても便利だよね」「うちは体温計とかハサミみたいな日用品を入れるのに使ってる」と共感する人も。また「便利そうだし、私も真似してみようかな」「中身が見えるってメリットは確かに役立ちそう」といった声も上がっていました。

 

意外と綿棒箱を活用している人は少なくないようで、ネット上では「マスキングテープとかを張ると、結構おしゃれな小物入れになる」「冷蔵庫のチューブ入れにすると、すっきり収納できるよ!」といった書き込みも。そのほか「『無印良品』で売ってる綿棒ケースが、蓋もついててすこい収納に便利」と、“推し”の綿棒箱を紹介する人もいます。

 

しかし中には、「綿棒箱みたいな何かに使えそうなものって、取っておいたらかえってゴミになるケースもあるよね」「こういうのを『使えるかも!』って思っちゃうと捨てられなくなる」「スパっと捨てちゃった方が部屋がきれいになりそう」「やっぱり下手に活用しないで、小物入れが欲しいならちゃんとした小物入れを買うべき」という声も。「綿棒箱」を小物入れとして使うかどうかは、人それぞれの基準があるようです。

 

“綿棒”にも歴史あり!


ところで現在は当たり前のように普及している“綿棒”は、どうしてあのような形になっているのでしょうか。一般用医薬品の製造や販売を行っている「平和メディク株式会社」の公式サイトでは、綿棒の歴史が紹介されています。

 

同サイトによると、もともと綿棒は綿を一定の長さにちぎって棒の先端に巻きつけたものが発祥。綿の部分に薬を塗布して使っていたそうです。そんな中アメリカのとある人物が、爪楊枝に脱脂綿を巻きつけて使っている妻の姿を目撃。そこから着想を得て、今のような形の綿棒を考案しました。

 

その後日本で初めて綿棒の製造・販売を開始したのが、当時は“平和エーザイ株式会社”という社名だった「平和メディク株式会社」。しかしこの頃は国内需要がほとんどなく、ヨーロッパや豪州への輸出が主だったといいます。

 

ちなみに箱ではなく“綿棒”にも耳掃除以外の様々なライフハックがあるようで、「キーボードを掃除するときに使ってる」「メイク直しに綿棒は必需品」「ドットネイルを自分でやる時に重宝する」といった声が。自分なりの使い方を探してみるのも、面白いかもしれませんね。

 

文/河井奈津

 

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【収納・片付け】その他の記事

収納・片付け
もっと見る