注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

遺品の分別方法

家事

2019.05.24

181-1

大切な家族が亡くなった後、遺族に残されているのは遺品整理です。一人分の遺品整理といえどもかなりの量になりますので、遺品整理を行うのは大変な労力を要します。

同居していた家族なら遺品整理も割とスムーズに行えますが、遠く離れていた場合、必要なものや不用品がわからず、苦労することも多いようです。そこで故人の遺品はどのように分別して整理すればよいのか、いくつか紹介していきます。

■遺品を分別する際の基本

残された遺品は一つずつ確認し、故人の思い出に浸りながらのんびり行うのが理想的ですが、状況によってはそうも行かない場合もあります。

故人が賃貸物件に住んでいる場合や、遺族が遠方に住んでいる場合は時間も限られていますので、早急に遺品整理を行わなくてはなりません。

遺品を分別する場合、処分するものと遺族が引き取るもの、買取依頼に出すものと譲渡するものの4つに分けられます。

できれば衣類なら衣類、家電なら家電といったようにジャンルごとで不用品や必要なものを分別していくのが理想的ですが、時間がない場合はそうもいきません。

限られた時間の中で遺品整理をする場合は必要なものはジャンルごとで分別し、不用品は処分方法によって分別すると、手早く整理することが可能です。

不用品は可燃ごみと不燃ごみ、粗大ごみとリサイクル品などに分類しながらまとめていくと、あとの処理が楽になります。

また、買取業者に査定を依頼する場合は、遺品整理をする前に査定にきてもらうようにしましょう。

遺族からすると不用なものや価値のないものに見えるものでも、買取業者が査定すると高額で引き取ってもらえるものもあります。

先に分別してしまうと、せっかく整理した遺品を業者が再度引っ張り出して査定することになりますので、二度手間になってしまうこともあります。

手つかずの状態で買取業者にきてもらい、先に査定してもらってから遺品整理は始めましょう。

■電化製品や大型家具の分別方法

遺品の中で処分に一番困ってしまうのが、大型の家具や電化製品です。テレビや冷蔵庫、ダイニングテーブルやタンスなどといった大型家具や電化製品はリストアップしておき、どのように処分するかを決めておきます。

業者に買取依頼するものや遺族が持ち帰るもの、廃棄処分や譲渡するものなどに分別しておけば、遺品整理もスムーズに行えます。

電化製品は年式やメーカー、型式などをリストに記載しておき、保証書や取扱説明書があるならリストと一緒にしておきましょう。

カラー付箋を使って分別しておくと、あとでまとめるときに区別がしやすくなります。ピンクは廃棄、ブルーは持ち帰りなど色分けしておくと便利です。

■衣類の分別方法

遺族が不要な衣類は、新品や高価買取してもらえそうなブランド品と、それ以外の衣類でまとめておくようにしましょう。

故人がキレイに着ていたものでも衣類の譲渡をすることは難しいので、遺族が持ち帰るものと買取してもらうもの、それ以外の不用品で分別しましょう。

ブランド品やキレイ目の衣類でもネームが入ったものやインナー、靴下などは買い取ってもらえませんので、最初から不用品としておいたほうがよいでしょう。

残しておく衣類が多い場合は、トップスとボトムス、帽子や手袋などといったように分類して分けておくと、あとの処理もスムーズに進みます。

■貴重品の分別方法

貴重品は資産価値があるので、遺産相続の際に関わってきます。貴金属や宝石、現金や通帳、有価証券や不動産権利書など、さまざまな貴重品がありますので、これらもジャンルごとで分別して保管しておきましょう。

貴重品もリスト化しておき、一つずつ画像に納めておくと相続問題のトラブルを回避できます。

貴金属や宝石は遺品整理が終わった後に、まとめて査定してもらい換価がいくら程度になるのかまとめておきましょう。

また、身分証明書やクレジットカード、契約書類や光熱費の領収書などについても貴重品として保管しておきましょう。

後で契約解除する際に必要になってきますので、必ず保存しておくようにしてください。

■故人のコレクションの分別方法

181-2

故人が趣味を持っていた場合、何かしらをコレクションしていることもあります。人にはいえないような趣味を持っている場合だと、遺族もコレクションを人知れず処分しようと考えることでしょう。

例えば、アニメのキャラクターフィギュアばかり集めていた場合、遺族からするとただのおもちゃであって何の価値も見いだせませんということもあるでしょう。

しかし中には激レア商品やプレミアム価格のついたものが含まれていることもありますので、遺族で判断する前に専門業者に査定してもらうようにしましょう。

故人がかなり大切に扱っていた品は、高額な価格で購入したことも考えられます。

■まとめ

遺品の分別は遺族だけでも行えますが、不要なものについての分別は難しい点もあるでしょう。遺族だけで遺品整理を行っていると体力的にも疲れがたまってきますので、必要なものを間違えて処分してしまうことも考えられます。

また、一見するとゴミに見えてしまうものが実は資産価値の高いものだった、などということもありますので、遺品整理はプロの業者に依頼するほうが賢明かもしれませんね。

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【収納・片付け】その他の記事

収納・片付け
もっと見る