注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ゴミ屋敷トラブルはこれで解決!自分で掃除できる目安と片付け方のコツ

家事

2019.05.10

167-1

モノを捨てられないまま溜め込んでいくと、住居の中を圧迫し、どうにもできない状況になってしまうことがあります。いわゆる「ゴミ屋敷」と言われる状態ですが、「なんとかしたい!」と思ったときが、頑張り時です。

でも具体的に、何からスタートすれば良いのかわからない……と思う方のため、ゴミ屋敷を片付けるためのテクニックを紹介します。自分で片付けられる範囲なのか、それとも業者に依頼するべきレベルなのか、見極めるためのポイントも教えます。

 

■自分で掃除できるタイプとは?

一言で「ゴミ屋敷」と言っても、その広さや状況はさまざまです。自分では「どうにもならないほどモノを溜め込んでしまった……」と感じていても、コツさえわかれば、少しずつ自分で片付けられる人も、決して少なくありません。こちらに当てはまるかどうかは、以下の条件でチェックしてみてください。

・家がそれほど広くはない
・キッチンやお風呂など、生活に必要な場所を使うことができる
・「捨てて良いモノ」「とっておくべきモノ」など、必要な判断ができる

家が大きくなればなるほど、溜め込まれるモノの量は多くなってしまいます。片付けの難易度は高くなりますから、最初からプロの手を借りた方が良いでしょう。

また、すでに水回りが機能しておらず、「その家で生活するのが不可能」な場合にも、プロの手を借りるのがオススメです。一度全てをスッキリさせ、状況をリセットしてみてください。

また自分で片付けよう!と思ったときには、「捨てる」「捨てない」の判断力が必須となります。「自分にあるかどうかわからない」と思ったときには、まず自分で片付けをスタートし、確かめてみるのもオススメです。

 

■業者にお任せした方が良いタイプとは?

一方で、最初から業者に依頼した方が良いのは、以下のような条件に当てはまる方々です。

・高齢になり、自分で片付ける体力がない
・大型の不要品が多く、自分では対応できない
・家の中から、ゴミがあふれだしているような状況である
・人間が住めないような環境になっている

このような場合は、「自分の手で少しずつ問題を解決していく」というのは難しくなってしまいます。身近にこのような方がいる場合にも、業者の利用について、オススメしてみると良いでしょう。

■自分で片付けるためのテクニックを伝授

167-2

ではここからは、ゴミ屋敷から抜け出すための、片付けのコツを紹介します。まずもっとも大切なのは、「明らかなゴミを捨てる」という作業です。

不要なモノを溜め込む習性があるお宅には、「使わない荷物」が非常に多く眠っています。そしてその中には、「単なるゴミ」が多いのも現実なのです。紙屑や食べ物屑、中身が入っていない空き箱など……誰が見ても「ゴミ!」と判断できるようなものを処分するだけでも、一つ先へと進めます。

自分一人で行うのが大変なときには、家族や知人など、身近な人にサポートに入ってもらいましょう。この場合、事前に「捨てられると困るモノ」の情報を共有しておくことで、作業をスムーズに進めていけます。

自分でゴミ屋敷を片付けようと思うと、ゴミ袋が100袋以上になるケースも少なくありません。最寄りのゴミ処理センターに、自分たちの手で搬入すると、回収日にまつわるトラブルを避けられますよ。

自分自身に「片付けたい」という意欲があり、実際に少しずつゴミが減っていく様子を確認できれば、一気にモチベーションが高まる方も少なくありません。これまでは「使わないけど、もったいないから処分できない」と思っていた品物であっても、「手放すことで、もっと気持ちの良い生活を手に入れたい」という考え方に変えていくことができます。

とにかく「目に見える場所」からどんどんきれいにしていきましょう。それが、次への活力へとつながります。

 

■業者に依頼するなら、内容を見極めよう

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼するのであれば、そのサービス内容や価格について、しっかりと比較検討する必要があります。自分自身で行うのが難しいときには、周囲の人にサポートを依頼しましょう。

業者の選び方は、以下のとおりです。

・廃棄物の収集運搬許可を取っているかどうか
・ゴミ屋敷に関するノウハウや経験が豊富であるかどうか
・料金をわかりやすく伝えてくれるかどうか

ゴミ屋敷に対応する業者の質は、さまざまです。まず最低限、業者の産業廃棄物収集運搬許可番号を確認しましょう。この許可を受けていない場合、ゴミの処分に関わる仕事を行うことはできません。

また料金についても、トラブルが起きやすいポイントだと言えます。高すぎる業者を避けたいのはもちろんですが、安すぎる業者の利用にも慎重になりましょう。ゴミ処分費を無視した価格設定を行う業者の場合、その後のトラブルにつながってしまう可能性もあります。数社を比較検討することで、相場のチェックを行うのもオススメです。

 

■まとめ

ゴミ屋敷トラブルの裏には、さまざまな問題が隠されていると言われています。ゴミを処分し、人間らしい生活ができるスペースを確保した上で、その問題から根本的に解決することが求められます。

自分で片付ける場合にしても、業者に依頼する場合にしても、「なんとかしなければ」と思った瞬間が、未来に向けた最初の一歩です。今回の情報も参考にして、自分にとってベストな片付け方法を検討し、どのような形で片付けを進めていくのか、決定してみてくださいね。

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【収納・片付け】その他の記事

収納・片付け
もっと見る