注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

無印良品でお片付け!藤田あみいさんの使ってよかった収納アイテムBEST10

家事

2019.01.11

2019.11.30

181122_CHANTO090

“シンプル・使いやすい・買いやすい”。

誰もが知っている「無印良品」のアイテムは、整頓収納にニガテ意識を持っている人を、救ってくれます。

今回は、もともと片付けることがあまり得意でないというイラストレーターの藤田あみいさんのお宅を拝見。職業柄、自宅で仕事をするということもあり、仕事関係の資料はたまるいっぽうでなかなか上手に収納ができない……。そんな藤田さんの「整理収納環境」は、5年前に「無印良品の家」に入居したことをきっかけに、劇的に変化を遂げたそうです。

「家具付きの無印良品の家に、2年無料で住む」というモニターに応募し、なんと5万人を超える応募者のなかから選ばれた藤田さん。

「もともと特別好きというわけでもなかった」藤田さんが無印良品のトリコになったのは、実際にこの家に住むようになってからでした。

「2年モニターとして住んでみて、本当に住みやすかった。仕事も開けてきた感じ!その後、正式に購入し今にいたります」

そんな藤田さんが感じる、無印良品の家や収納アイテムの良さをとことん聞いてきました!

 

<関連記事> 片付く無印良品!本多さおりさんの整理収納テク

\ 藤田さんあみいさんが実感 /
「無印良品」の家の住み心地

 

Microsoft Word - 文書 1

太陽がふりそそぎ、心地いい風が抜ける

181122_CHANTO101

「無印良品の家の一番すごいところは、採光のすばらしさ。壁一面がすべて窓になっていて、太陽の光がさんさんと入ってきます。しかも寒い冬は室内まで採光が届くようになっていて、暑い夏は太陽の光が入り込みすぎないように計算されているので、冬はあたたかく夏は涼しいんです! 窓を全て開けると、家じゅうに風通しができます」

取材の当日は寒い日でしたが、暖房をつけなくてもあたたかく感じられました。

Microsoft Word - muji-number.docx

「部屋」にとらわれない。仕切りなしの開放的な空間

181122_CHANTO279

無印良品には「木の家」「窓の家」「縦の家」の三種類がありますが、藤田さんの家は木造で作られている「木の家」。木のぬくもりをいつもそばに感じることのできる空間です。

木造住宅の構造は、一般的に家を仕切ることで強度を高めています。一方で、無印良品の「木の家」は、骨格自体に強度をもたせることで、壁や間取りにしばられず広々とした一室の空間を実現しているのが特徴。

「この家は、部屋という概念というより一つの箱みたいな感じ。だから、間取りでいうと1LDKなんです。最初は、仕切られてないと住みにくいのかな?とも思いましたが、住んでみると快適そのもの。どこにいても家族の声が聞こえ、姿を感じられるんですよ」

1階から2階が吹き抜けとなっている、とても開放的な空間でした。

 

Microsoft Word - muji-number.docx

ライフスタイルに合わせて、家の中を自在に決められる

無印良品の家のいいところは、自分たちの暮らしにあわせて空間の使い方を決めていけること。それは、「住まいのかたちは建築が決めるものではなく、日々の暮らしが積み重なることで住まいの空間が育っていく」という、無印良品の考え方そのものです。

藤田さん宅も、入居が決まってから細かい部分は相談しつつ設計したのだそう。

 

181122_CHANTO081

キッチンの後ろ側には、無印良品のステンレスのシェルフが備え付けられています。

「仕切りなどがパーツで売っているので、使い道に合わせて棚の仕切りを自由に変えられるのが、無印良品の棚のいいところです。つっぱり棒のようにで天井に固定させているので、安全面的にも考慮されています」

棚の中身はかなり試行錯誤して何回も変わっているとか。

「現在やっと落ち着いたところ。一番使いやすい状態です」

 

181122_CHANTO270

「2階の壁一面をクローゼットにして欲しい!」というのも、設計段階で藤田さんがオーダーしたそう。

「家族全員のクローゼットとして使っています。クローゼットの中は、無印良品の引き出しをはじめ、かごやファイルボックスなどを駆使して、使いやすい工夫をしています」

 

181122_CHANTO283

こちらは、藤田さんの仕事机。イラストレーターという仕事柄、横幅を広く取りパソコンを置く台が設置されているなど、とにかく机を広く使えるような工夫がされています。

「机と椅子も無印良品にオーダーしたものです。私は背が低いため、既成の椅子だと少し高すぎて腰が痛いと感じることが多かったのですが、椅子の足を切って低くしたことで腰を痛めることもなくなりました」

「いま一番住みやすい」状態の藤田さん宅。これからのライフスタイルの変化に合わせ、どんどんマイナーチェンジするのも楽しみだとか。

 

藤田あみいさんが使ってよかった!無印良品ランキング

1|「ステンレスワイヤーバスケット」

POINT|無印良品のシェルフにぴったりフィットする。中身が見えやすいので迷わない
藤田さん宅のキッチンで、いたるところに使われていたのがこちらの「ステンレスワイヤーバスケット」。無印良品の代表的な収納アイテムの一つで、サイズの種類も高さや深さが選べて7種類。「引き出して使いやすいところや、中身が一目瞭然なのに、パッと見スタイリッシュにまとまるところがお気に入りです!」

181122_CHANTO035

細々したものが多いキッチン周り。麺類、ふりかけ類、ラップ類、缶詰類、粉物類……など、スレンレスバスケットに収納するものは藤田さんなりにルールを決めて使っています。

「中が見えるので、何が入っているかパッと把握できますよね。私の場合はこのコーナーは厳密に収納ルールを設けているわけでなく、種類別にゆるく分類。そうすることで使いやすくどんどん更新していきます」

 

181122_CHANTO019

「指をひっかけて引き出しやすいのも好きなところです!」

 

181122_CHANTO239

2階の壁一面にあるクローゼット内でも、ステンレスワイヤーバスケットは大活躍。

 

181122_CHANTO287

愛犬のゲージの上に置いたお世話グッズもステンレスワイヤーバスケットで仕分け。ゲージとの素材感がマッチしているのもいい。

 

2|「ラタンバスケット」

POINT|どんなインテリアにも間違いがない。ステンレスとも相性抜群の「ラタン」素材
こちらも無印良品の代表的な収納アイテムである「ラタン」シリーズ。長方形のものは特大・大・中・小の4サイズ。ラタンシリーズは、取っ手付きやフタ付きのものもある。ステンレスワイヤーバスケットと並べて置いても、しっくりなじむ。「ステンレスワイヤーバスケットは中身を見せたいものに、こちらは中身を見せたくないものに、と分けて使っています」

*181122_CHANTO065

突っ張り棒を使って天井ぎりぎりまでシェルフとして使用していることもあり、高いところには日々ほとんど使うことのないものを収納している藤田さん。

「普段使わない調理器具などを収納しています。そのまま置くよりも目隠しになるラタンボックスを並べたほうが見た目にもキレイだし、分類もしやすいんです」

 

181122_CHANTO211

こちらがステンレスワイヤーバスケットとラタンボックスの使い分けの象徴的な例。浴室の洗濯機の上に取り付けた一枚棚の上に、両方を利用しています。

「洗濯ネットは見せたくないので左のラタンボックスに。ドライヤー類は所在がわかりやすいように右のワイヤーバスケットに」

 

3|「ファイルボックス」

POINT|「ファイルボックス」は、2タイプを使い分ける
もはやステーショナリーの域を超えた収納ツールとして使われている「ファイルボックス」。藤田さん的ルールは、片側が斜めになっている「スタンドファイルボックス」とボックス型の「ファイルボックス」を使い分けること。そして、収納にとどまらず、目隠しにも利用している。

181122_CHANTO039

一辺が斜めになっている「スタンドファイルボックス」。書類やファイルの収納が一般的な使い方ですが、藤田さん宅では、冷蔵庫上の分電盤下においてルーターなどのコードの目隠しとして使っています。

「ぐちゃぐちゃとなったコードがファイルボックスですっきり隠せるという、お気に入りのワザです。一番右には、関連したものの取扱説明書を入れています」

 

181122_CHANTO195

斜めになっていない「ファイルボックス」は、浴室下の収納として大活躍。A4ワイドサイズとA4サイズを組み合わせて使っています。

「ここには、浴室で使用する掃除用の洗剤などを入れています」

下に敷いているのは、キャスターをつけることができるフタ。別売の「ポリプロピレン収納ケース用キャスターを(V)4個セット」をつけることができます。

「ここにキャスターがつけられたら、もっと取り出しが便利になりますよね。無印良品週間で買おうと思っています」

不定期に開催される「無印良品週間」では、無印良品メンバーであれば割引価格で商品を購入することができます。

 

4|「トタンボックス」

POINT|取っ手がついていて、すっと取り出せる。大容量のフタ付き収納ならコレが便利
幅25.5cm×奥行33cm×高さ21cmと十分な容量があるので、いろいろなものの収納に役立つ「トタンボックス」。トタンは屋根にも使われるほどの頑丈素材なので、耐久性もしっかりしている。無印らしいシンプルな見た目も使いやすい。幅20×奥行26×高さ15cmの小サイズと2サイズ展開。

181122_CHANTO049

湿気に強いトタンの米びつを原型につくられたという「トタンボックス」。

「キッチンシェルフの収納を無印良品のIAさんに相談し、こちらを提案していただきました」

「IAさん」とは、無印良品専属のインテリアアドバイザーのこと。店頭にてしまいたいものや、その空間にどんな収納グッズがぴったりおさまるかを相談できるサービスだそうで、有料にて自宅に来ていただくことも可能だとか(要予約、一部店舗に限る)。

 

181122_CHANTO160

かさがあり、しまいにくい子どものおもちゃの収納としても大活躍!

 

5|「やわらかポリエチレンケース」

POINT|子どもがよく触れる場所には、やわらかくて軽いものを採用
無印良品の収納グッズのなかでも人気な「やわらかポリエチレンケース」。丸型や深型のものなど9種類のラインナップがある。「軽くてやわらかく、取っ手がついているので子どもがおもちゃを入れて運びやすいので、おもちゃスペースで多用しています!」。別売りのフタをつければスタッキングで使用することもできる。

181122_CHANTO153

取材時、おうちにいた娘さん。おもちゃを持ってきてくれたので、どれがお気に入りなの?と尋ねると「ぜんぶ!」とかわいらしく答えてくれました。

 

6|「ステンレスひっかけるワイヤークリップ」

POINT|空間を有効利用できる吊るし収納に大活躍。ラベリング代わりにも活用。
吊るし収納に便利な片側が引っ掛けられる仕様となっているクリップ。スタイリッシュな見た目なので、いわゆる昔ながらの洗濯バサミとは違い、むき出しにしても生活感が出ずおしゃれに仕上がるのは、さすが無印良品! 天地を逆にして、ピンチ部分を上にしてフック部分に何かをかけるという使い方もでき、アイデア次第でいろいろな可能性があるアイテム。

181122_CHANTO046

「これも、IAさんにアドバイスしてもらったんです!」という、レンジフードの隙間を活用し、クリップをひっかけてふきんを吊るす収納ワザ。

「この場所にこれを収納したい!」と思ったときに周辺を見回してみると、意外と見落としている活用スペースがあるはず。

 

181122_CHANTO252

藤田さん宅では「ステンレスひっかけるワイヤークリップ」をラベリングとしても活用している。

2階のクローゼット上の一枚棚は、高すぎて手が届かないので、普段取り出すことのないものを収納。そのため、何を入れておいたかを忘れてしまうことも多い。

「中の見えない箱にひかっけて、カードに品名を書いて挟んでおくだけでおしゃれで簡単にラベリングが完了!」

 

 

7|「アルミフック・マグネットタイプ」

POINT|シンプルだけれど洗練されたデザイン。だから、どこでも使いやすい。
レンジ横の壁には、整然と並べられた「アルミフック・マグネットタイプ」に調理器具が一つひとつかけられている。レンジ横の壁が全てマグネットになっているのは、無印良品の家ならではの使いやすさ。一般的にマグネットがくっつけられる冷蔵庫や玄関ドアなどで使っているという人も多いアイテム。

181122_CHANTO045

「さっと使ってさっと戻せる。引き出しに調理器具を入れるよりもこっちのほうが断然使いやすいですね」

 

8|「ステンレス横ブレしにくいS字フック」

POINT|シンプルだけれど洗練されたデザイン。だから、どこでも使いやすい。
ちょっとした小物を引っ掛けるのに便利なS字フック。無印良品のものは、横ぶれしないように二重構造になっている。サイズは大小あり、小さいサイズでも5kgの耐荷重があるとか。「S字フックってどこでも売ってますけど、無印良品のは安っぽさが感じられないんです。S字フックひとつとってもスタイリッシュ!」

181122_CHANTO254

藤田さん宅のクローゼットでは、「よく使うカバン」などを引っ掛け、取り出しやすくしています。

 

9|「MUJI YOURSELFラベル」

POINT|一部店舗のサービスで作れるアイコンラベルシール。分かりやすいしかわいい
無印良品の一部店舗では、アイコンラベルをカスタマイズして作ることができるそう。該当店舗に置かれている端末で必要なアイコンラベルを選択するなどして編集し、プリントするだけという簡単作業。「ラベルシールを作るのが大変……という人にかなりおすすめしたいサービスです!」

181122_CHANTO071

小さいサイズは、一枚のプリントでなんと10円!「アイコンもかわいらしく、小さな子どもでも判別しやすいので、ぜひ利用してみてください」

 

10|「壁に付けられる家具」

POINT|方角を考えたときに神棚をどこに置こう……そんなときにこれを発見!
壁を有効活用したい場合に便利な無印良品の「壁につけられる家具」シリーズ。石膏ボードの壁であれば、壁を大きく傷つけずに簡単に取り付けられることができる。藤田さん宅では、簡易的な神棚として利用。「家に神棚のスペースを設けたい場合でも、適切な場所がない場合などに、これはおすすめです」

181122_CHANTO292

さすが無印良品の家だけあり、壁や窓枠の木の色とも完全にマッチ!

収納がニガテなら、専門家に相談を!

もともと収納技術がそんなにあるわけでない藤田さん。無印良品の家に引越したことをキッカケに、無印良品の専属インテリアアドバイザー(IA)さんに相談しつつ、今の収納のしくみを完成させたのだとか。

「収納って、なにもないところからニガテな人が一から作り出すには、とても大変な作業だと思うんです。整頓が得意な人ならしくみ作りが苦にならないと思いますが、ニガテな人はどうしてもつまづいちゃいますよね。そこで、無印良品のインテリアアドバイザーさんに相談するというのは、ひとつの方法だと思いますよ!」

前の家のとき「正直、収納にお金かける意味がわからない」と思っていたという藤田さん。それが無印良品の家に住み収納のしくみを作ったことで、ぐんと生活しやすくなった。そして、片付けへのハードルもぐんと下がったそう。

「このおうちに住んで、できないなりに頑張ってやると片付くのがうれしくて。収納が好きになりました。一度しくみをつくっちゃえば何十年も使えるし、今は収納にお金をかけてもいいのかなって思えます」

 

PROFILE 藤田あみいさん


1985年北海道釧路市生まれ。イラストレーター・漫画家・エッセイスト・ブロガー。2014年に、無印良品の家モニター「三鷹の家大使」に就任。「無印良品の家」の公式ウェブサイトで「ぜんぶ無印良品で暮らしています~三鷹の家大使の住まいレポート~」「あみいちゃんの家づくり新書」を執筆中。著書に『懺悔日記 子どもの愛し方を知るまで』(マガジンハウス)。ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート(角川書店)。現在、雑誌『LDK』にてコミックエッセイを連載中。

 

取材・文/松崎愛香 撮影/小島 光

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【収納・片付け】その他の記事

収納・片付け
もっと見る