コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ユニバーサル収納なら 「あれ、どこ?」がなくなる!

家事

2016.03.29

2017.04.20

教えてくれたのは

 

スクリーンショット 2016-03-29 11.58.15

しまさん

兵庫県在住、40歳。夫(40歳)、長男(8歳)、次男(5歳)の4人暮らし。現在は週2~3回、夜間にパート勤務しながら整理収納アドバイザーの勉強中。PTAや町内会でも活動中。

 

Room Data

スクリーンショット 2016-03-29 13.13.11

3LDK/81.02㎡/マンション

6年前に購入したマンションは、元は4LDKだったのを3LDKにリフォームしてLDを広げた。角部屋で窓が多く、明るい。

 

スクリーンショット 2016-03-29 11.54.35 

元はふた部屋だったのをリフォームの際にひとまと部屋にした広いリビング。無印良品の木製シェルフとイケアの白いシェルフで区切った〝基地〞ゾーンは子どもたちもお気に入り。

 

雑貨や本が大好きで、夫婦ふたりのころは、家中が物であふれていたというしまさん。片づけようにもお互いのやり方を譲らず衝突してばかりでした。けれど、家族がふえ、あらためて家族が片づけやすい収納を考えたのだう。そこで、ムダがなく、男女、年齢問わず使いやすい「会社のような収納術」をひらめいたのです。

「夫と話し合いながら物を処分したので、価値観を共有できたのがよかった! それからは買うものも厳選するようになりました」

 

目的別にゾーンニングする

男は自分の城が欲しいものなんだ!という夫の意見をとり入れてLDKにも夫や子どものスペースを作り、ここだけは管理をまかせています。

スクリーンショット 2016-03-29 11.55.43

(上)ダイニングのいちばん奥の席が夫の定位置。キャビネットの一角を夫スペースに開放し、プチ書斎化。

スクリーンショット 2016-03-29 11.55.51

(左)イケアのシェルフでリビングと仕切った読書コーナー。かたわらにリクライニングチェアを置き、子どもたちの基地のような空間に。

 

生活用品の収納は「オフィス化」する

家族がリビングで共用するものは、普段使いと保管用で収納場所を分け、それぞれ、アイテムや用途ごとに分類してラべリングします。

スクリーンショット 2016-03-29 11.56.09

スクリーンショット 2016-03-29 11.56.21

ストックは見えない場所にまとめる

収納庫の下部は掃除機や工具、上部に書類や文具のストックを収納。無印良品のPP引き出しケースの中はさらに仕切ってラベリング。

 

おもちゃはほうりこむだけのワンルール

片づけ方を押しつけるのではなく、何ならできるかを一緒に考え、「遊んだあとはおもちゃをボックスに入れる」ということだけを約束しました。

スクリーンショット 2016-03-29 11.56.54

おもちゃの収納にはカラフルで軽いイケアのTROFASTボックスを活用。こまごましたものはイケアのナンバー入りメッシュケースに。おもちゃの分類法は子どもと話し合って決めている。

 

位置と全量がひと目で把握できるシステムをつくる

片づけを少しでもラクにしたくて、下着や部屋着以外はすべてかける収納に。ひと目でわかるうえ、洗濯ものをたたむ手間も短縮できて一石二鳥です。

スクリーンショット 2016-03-29 11.56.43

収納部屋の一面をクローゼット化し、夫婦のデイリーユースの衣類をすべて収納。全量がひと目で把握できるので、ムダな買いたしも減った。結果、収納がグンとラクに。

 

量が減ったところで、適材適所におさめ、何がどこにあるか、見ればわかるようにラベリングを徹底。夫から〝あれ、どこ?〟と聞かれる回数がグンと減ったのだそう。「子どもも一緒に片づけながら、少しずつルールを決めています」

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【収納・片付け】その他の記事

収納・片付け
もっと見る