コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

1 日数個ずつ 家事の合間に物を減らしてみて

家事

2016.03.27

2017.04.20

スクリーンショット 2016-03-24 17.41.10

毎日少しずつ減らす

盛大に物を減らせばそのときはすっきりするけれど、反動ですぐにまたふえてしまいます。

教えてくれたのは…

整理収納アドバイザー/mocaさん

元片づけベタの過去をもつ、整理収納アドバイザー。自身の経験をもとに『1日5分!お片付けノート』(扶桑社)を発売。

物がたまった状態で一気に片づけようとすると、途中で子どもにじゃまをされ、中途半端なまま終わって、結果、前よりも物が散らかるのがオチ…。

「大量に処分すると不思議とその反動で物はまたふえ、〝散らかり地獄〟から抜け出せなくなります。大事なのは〝なぜ不要なのか〟を1個ずつ考えながら処分すること。

減らしたものと理由を書きとめる

スクリーンショット 2016-03-24 17.41.28

「マニキュア。色が派手で使うのが恥ずかしくなった」など、ノートに書き出すことで処分する理由が明確になり、必要かどうかを見極める訓練になる。

 

エリアを気にせずパッと目についたものを処分

スクリーンショット 2016-03-24 17.41.33

家事の合間などにパッと目にとまったものから処分を。玄関やキッチンなど、日常生活で〝風景〞になりやすいエリアから注目してみても。

 

毎日ちょっとずつ減らして習慣化することで、リバウンドしにくい〝片づけ体質〞に。

1日数個ずつ減らす習慣をつければ、貴重な休日に〝盛大な片づけ〟をしないですむし、自然と片づけ体質になれますよ」まずは、家事や育児の合間に目にとまったものを処分することを始めれば、〝すぐ散らかる〟現象と決別できるはず!

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【収納・片付け】その他の記事

収納・片付け
もっと見る