コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

冷蔵庫の中を片付けることで節約にもなる!冷蔵庫の収納方法

家事

2018.09.21

買ってきたものを冷蔵庫の中に入れようとすると中がいっぱいだったので、ついギュウギュウに詰めてしまうことってありませんか。冷蔵庫の中を上手に収納できないと何が中に入っているか分からず、買い過ぎてしまう原因にもなります。

冷蔵庫の中をキレイに整理整頓するだけで、食費の無駄遣いや電気代の節約にもつながるので、普段からキレイに収納するよう心がけたいですね。冷蔵庫の中を片付けることで、どんなメリットがあるのか紹介していきます。

■冷蔵庫を片付けるだけで節約になります

23-1

冷蔵庫に食品を詰め過ぎていると冷蔵庫内の冷気がうまく流れず、中のものが冷えにくくなってしまいます。そうすると冷蔵庫は中のものを冷やそうと、より電力を使うことになります。

また、冷蔵庫の中に何が入っているか分からず、必要なものを取り出すまで時間がかかってしまうため、余計に電気代がかかってしまいます。

最近の冷蔵庫は性能も上がり、電気代があまりかからないエコタイプのものがほとんどですが、冷蔵庫の利用法次第ではせっかくのエコ機能も無駄になってしまいます。冷蔵庫の中の詰め方によっては、電気代が年間で1,000円から2,000円近く変わってくるといわれています。

こうした問題を解決するには、詰め過ぎた冷蔵庫の中を整理しなくてはなりません。食材をダメにしてしまったり、賞味期限を切らしてしまうことが多いのであれば、この機会にぜひとも冷蔵庫の中を掃除してみてください。

食材を無駄にしないだけでも大きな節約につながりますが、収納方法を変えることでも大幅に電気代をカットできますので、まずは冷蔵庫の中がいっぱいにならないよう、買い物しすぎないように心がけ、あるもので料理を考えるように工夫してみましょう。

■冷蔵庫収納のコツ

23-2

冷蔵庫の中がスッキリしたら、今度はキレイに収納してみましょう。中が雑然としたままだとどこに何があるか分からず、無駄買いしてしまう原因にもなります。
冷蔵庫の収納をキレイにするには、棚ごとでカテゴリ分けをしてみましょう。

一番上の棚はドリンク、または普段はあまり使わないけれど冷蔵保存しなくてはならない調味料などでまとめておきましょう。2段目には作り置きのおかず、3段目には毎日利用する食材など、一番下の段は大きな鍋といったように、自分が毎日使いやすいようにジャンル分けし、収納すると良いでしょう。

最近は100均で販売しているトレーやボックスなどを活用する人も多いですが、気を付けなければならないのが冷蔵庫の空きスペースがあるかないかという点です。あまり空きスペースがないのにトレーやボックスを使うと、冷気が下に流れにくくなってしまうので、一見キレイに見えても実は冷えにくい環境を作っています。

半分以上空きスペースがあるなら、トレーやボックスを利用する収納方法でも良いですが、空きが少ないときはワイヤーラックなどを利用すると冷気も流れやすくなります。

冷蔵庫収納をする上で大事なのは、毎日使うものほど下の段から上の段にかけて置いていくことです。上の棚におけばおくほど、冷蔵庫を開けたときに探すのに手間取ってしまい、冷蔵庫を開けたままの状態が続いてしまいます。

冷蔵庫のどこに食材を置くかで、電気代の節約にもつながりますので、使う頻度が多いものほど下の棚に置くと良いでしょう。

また、料理を作ったら余りものが必ずといっていいほど出てしまいます。そうした余りものを収納できるスペースは、常に確保しておきましょう。

■冷蔵庫収納に役立つアイテム

100均で販売されている収納ボックスなどは、とても優秀な冷蔵庫収納に変身します。前述したように、冷蔵庫の中に余裕があるのならトレーなどでも良いですが、収納量が多い場合はワイヤーラックやメッシュタイプのボックスやバスケットを選ぶと良いでしょう。

サイドだけでなく底の部分もメッシュになっているほうが冷気をとおしてくれるので、おススメです。

一番下の棚やチルドの中はそれ以上冷気をとおす必要がないので、全てプラスチックスタイプのものでも大丈夫です。冷気は上から下に流れるので、なるべく上の棚は冷気をとおしやすい収納ボックスを使うようにしましょう。

ボックスを利用せずタッパーなどで保存する場合は、中身が見えるようにガラスのタッパーを使うと、中に何が入っているのかすぐに分かるので、ついうっかり賞味期限切れになってしまうことを防げます。

冷蔵庫収納する上で、いまや当たり前となっているのがジップロックです。お肉や野菜、作り置きの料理など、一回分に分けて保存すると、冷蔵庫の中もスッキリして見えます。
また、冷蔵庫収納をキレイに見せたいなら、同じ収納グッズでそろえると良いでしょう。

トレーやボックスだけでなく、調味料入れやドリンクボトルを同じものでそろえると、冷蔵庫を開けたとき、とても見映えが良いです。

野菜室は野菜が息をしやすいよう、同じサイズの紙袋でジャンル分けして収納すると、見た目のキレイさだけでなく野菜も長持ちしますので、一石二鳥です。

最近では100均で便利な収納グッズがたくさん販売していますので、自分だけのオリジナル収納方法を考えてみてはいかがでしょうか。

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【収納・片付け】その他の記事

収納・片付け
もっと見る