注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

OURHOME・Emiさんに学ぶ!家族が使いやすい「オープン収納」

家事

2018.06.20

2018.08.05

03-1_DSC4056

ブログ「OURHOME」が大人気のEmiさん。めざしているのは誰もが使いやすい収納で、その代表が「オープン収納」です。家のあちこちにスチールラックや木のオープンボックスがあり、作りつけ収納もわざわざ扉をはずして使っているほど!

「物を見つけやすく、夫や子どもが自分で出し入れできます。それに、扉を開け閉めする必要がなく、取るのも戻すのもワンアクション。片づけの時短化が図れます」

今回は、Emiさんが自宅で実践している、子どもたちが片づけするのが楽しくなる収納のコツを紹介します。

 

教えてくれたのは…Emiさん
夫、ふたごの子ども( 8 歳)の4 人暮らし。通販会社に勤務後、整理収納アドバイザーとして独立。著書10冊は累計38万部。https://ourhome305.com インスタグラム:@ourhome305
近著に『わたしがラクする家事時間』『デスクと気持ちの片づけで 見違える、わたしの仕事時間』(ともにワニブックス)

 

子供達が片付くオープン収納の秘密

 

●物は直置きせずケースに入れる

ケースを使うことで、文具など小さな物やおもちゃなど形がふぞろいな物も収納でき、オールマイティな収納庫に。また、棚がゴチャゴチャせず、整った感じに見えます。

_DSC4087

「深さのある箱を棚いっぱいに置くと、片づけが長続きしづらいです」とEmiさん。リビングの棚に置いているよく使う物は、浅型の箱を選び、出し入れしやすさを優先。これで箱に入れても物を探しやすく、かきまわさずにすみます。

_DSC4184

脱いだパジャマを引き出しの中にしまうのは、なんとなく抵抗があるもの。そこで、洗面所にある引き出しを“あえて”抜いてオープンにし、子どもたちのパジャマ置き場に。脱いだら放り込むだけで、湿気やニオイがこもらず快適です。

>>NEXT Emiさん流 収納ケースの選び方 

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【収納・片付け】その他の記事

収納・片付け
もっと見る