コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

捨てられない!紙袋の整理収納・活用法4選

家事

2017.05.26

2018.06.01

いつのまにか溜まっていく紙袋。ブランドショップの紙袋やちょっと可愛い紙袋はなんとなく捨てるのがもったいなくて、取っておくという方も多いのでは? 

私もそうです。

 

でもためる量より使う数のほうが圧倒的に少なく、いつの間にか変色していたりシワが気になって結局捨てるハメに……。なので、お気に入りの紙袋は保管しておくだけではなく、積極的に活用しよう!と思うようになりました。

 

ショップの紙袋は、実はしっかりした紙質でマチがあり自立するものが多いので“使える袋”

なんですよ。

今回は私の活用術をご紹介します。

 

1.仕切りにする

衣類ケースの中や、食品ストックの仕切りとして使うのも手。上部を折れば、高さを自由に調節できるので、どんな引き出しやスペースでも活用できるのがいいところ。ヘタってきたら悩まずサクッと捨てられます。

仕切り用に収納グッズを買う前の試験運用として使えば、ムダ買いなどの失敗も防げます。

 

2.資源ごみやスーパーのレジ袋入れにする

すぐにたまるチラシやカタログなどを紙袋に入れてまとめ、ゴミの日にそのまま出しています(うちの自治体ではOKなのです)。収納と資源ごみを兼ねているのでとてもラク。

また、ゴミ出しなどによく使うスーパーのレジ袋も紙袋に入れて収納しています。

20170526-1

 

3.目隠しにする

透明な衣類ケースの目隠しにも、紙袋が大活躍!

カットして前面に差し込み、両面テープでとめるだけでカラフルな衣類が目隠しされてスッキリ!

黒い紙袋でシックにしたり、華やかにしたいときはかわいい色柄の紙袋を使ってもいいですね。

20170526-2

また、本棚の前にも紙袋をおいて色がバラバラでゴチャつきがちな背表紙のカバー。

紙袋のマチ部分を本の下に敷いて固定、本を取り出したい時はペロンとめくるだけ。

20170526-3

20170526-4

 

4.ゴミ箱にする

玄関をほうきで掃いたあとのゴミってどうしていますか? 私はわざわざ靴をぬいで部屋のゴミ箱までもっていくのが面倒なので(持ち歩いているあいだにゴミを落としそう…)、靴箱の中に紙袋をおいて、ゴミ箱にしています。ビニール袋をかけておけば、くり返し使えるのも◎。

さっと掃いてすぐ捨てられるので玄関がきれいに保てます。

20170526-5

いかがですか?

どれも実はなんてことのないアイデアですが、無料のものが活用できて、スッキリ収納できて、その上紙袋がたまらない!となれば大満足ですよね♪

あなたのお宅で眠っている紙袋も、ぜひ使ってあげてくださいね!!

 

CHANTOママライター/しらせゆみこ

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【収納・片付け】その他の記事

収納・片付け
もっと見る