注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

シックにモダンで収納たっぷりなインテリアの作り方!

家事

2015.09.04

2017.04.20

物の指定席を決めておけば家中すっきり片づく

1501p50-a
  夫婦ともに住宅メーカーに勤務する野々村さん。出産前はインテリアコーディネーターとしてフルタイムで働いていました。
「帰宅時間が遅くなることも多く、平日は家の片づけをする時間がありません。そこで、マイホーム購入を機に収納をふやして、片づけがラクになるようにしたんです」
 いちばんこだわったのはリビングの壁面収納。家族が最も長く過ごす場所なので、普段使うものはすべてここに入れています。「必要なときに探す必要もなく、サッと取り出せるのがラク。娘の着がえやおもちゃも1か所にまとめておけば、いざというときもあわてません」。大容量の収納のほかに、キレイを保てるヒミツは、収納整理アドバイザーの資格を持つ夫の存在。「どこに何をどんなふうにしまうかは夫が決め、それを私が使いやすいようにアレンジします。指定席を決めたら片づけがスムーズになり、家事時間も短縮できました」
 一方、家具選びやディスプレイは野々村さんが担当。いくつか候補をあげたら、夫婦で決めるそう。「インテリアのテーマはシンプル&ナチュラル。家具は長く使えるものを探し、自然素材のぬくもりをさりげなく添えました」。インテリアを引きしめるのに欠かせない背の高いグリーンは、実はフェイク。「水やりの必要がないので、植物の世話が苦手な人や忙しい人におすすめです」

掃除・育児で使うものは壁面の収納にひとまとめ

1501p50-b
 生活感のあるものは出しっぱなしにしないのがシンプルな部屋のヒケツ。リビングの壁面に作りつけた扉つきの収納棚に、用途や使用頻度別に収納すれば、部屋はいつもすっきり。

違う素材でも色をそろえれば統一感が出る

1501p50-c 「木や石、革などの自然素材が好き」という野々村さん。モダンなインテリアに合うよう、全体の色みをグレーや茶系でそろえれば、シックにまとめられます。

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【収納・片付け】その他の記事

収納・片付け
もっと見る