注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

形を崩さずきれいに収納!バッグ収納法

家事

2019.08.29

3-1

バッグには色々な形や素材がありますので、形を崩さないで収納するのはかなり大変なものです。
収納量をアップするには、多少の型崩れを覚悟する必要があるのでしょうか?できれば避けたいですよね。
そこで、形を崩さないでバッグを収納する方法について探ってみることにしましょう。


◆家にあるものを活用する方法

まずは、家にあるものを活用したバッグの収納方法についてみてみることにしましょう。買い物をすると紙袋に入れてもらうことがよくありますが、紙袋はどうしていますか?
すぐに捨ててしまう人もいるかもしれませんが、取ってあるものがあれば、その紙袋を活用してみませんか?
クローゼットなどにデッドスペースがあれば、そこにつっぱり棒を取り付けてS字フックにバッグを入れた紙袋をひっかけていけば、バッグの型崩れを起こすことなく収納することが可能です。紙袋の中身が分かるようにラベルを付けておけば探す手間を省くことができます。
紙袋が自立するタイプのシッカリとしたものであれば、バッグの中に詰め物をする必要もありませんので、大変便利です。
バッグの持ち手部分やショルダー部分をS字フックに直接引っかけて収納する場合、多少の型崩れが気になると思っていた人にも紙袋の活用した収納方法はおすすめです。
また、自立する紙袋の場合クローゼットの中のデッドスペースだけでなく、棚の上などのデッドスペース/隙間にそのまま置くこともできます。

1 / 2 ページ

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【収納・片付け】その他の記事

収納・片付け
もっと見る