注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

『愛のエプロン』で強烈なインパクトを残した井上和香さんが今では調理師に!?

家事

2019.01.17

20190116waka01昨年12月、タレントの井上和香さんが自身のInstagramを更新。調理師試験に合格したことを明かして、「忙しそうなのに自分のやりたいことやっててすごい!」「子育て、仕事、主婦しながら勉強してたんだね」と注目を集めています。

 

井上さんの調理師試験の合格に祝福の声!


井上さんは12月11日に、「こっそり受けていた」という調理師試験の合格通知をInstagramへアップ。通知書が届いた時の喜びを「久しぶりの勉強は、なかなかうまく進まずへこみそうでしたが、この通知書が届いてホッとしました いい経験ができました!」と綴っていました。

 

2012年に映画監督の飯塚健さんと結婚した井上さんは、2015年に第1子となる女児を出産。ママになった後もドラマやバラエティなどに出演して活躍しています。

 

仕事と育児に奮闘しながらも調理師の資格をとった井上さんに、ネット上からは「おめでとう! 食に関する資格もってると何かと箔がつくね。料理上手なイメージになる」「今から資格取得するとか…。尊敬します!」「割烹の女将さん姿が似合いそう。板前さんだったお父さんも喜んでそうだね」「挑戦したいことに年齢は関係ない! 私も挑戦してみたいことがあるから背中を押された気持ち。素直にすごいと思う」といった祝福の声が上がっていました。

 

『愛のエプロン』では酷評されていた井上さん


井上さんの調理師合格には、「料理作る番組によく出てたよね! 腕前はヒドかったけど」「昔は料理下手くそだったのに…。時間の経過を感じる」などの声も。井上さんは、2008年まで放送されていた料理バラエティ番組『愛のエプロン』(テレビ朝日系)に度々出演。スタジオで手料理を披露するも、酷評されるのが番組のお約束になっていました。

 

2003年に放送されたラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)で、タレントの伊集院光さんは井上さんから受けた“被害”を告白。伊集院は『愛のエプロン』で井上さんが作ったアンコウ鍋が半生だったため、「激しい腹痛に襲われた」と明かしています。

 

また伊集院さんは、2016年にも井上さんの料理を回顧。自身のTwitterへ送られてきた「さっき突然思いだしたんですけど、以前テレ朝で放送していた『愛のエプロン』で堀越のりちゃんの作ったジャージャー麺って、どのくらいマズかったか今でも覚えてますか?」との質問に、「井上和香さんの作ったあんこう鍋は覚えているのですが」と返信していました。

 

手料理で強烈なインパクトを残してきた井上さんですが、結婚を機に料理を勉強したようす。2014年には旦那さんのリクエストに応えて作った料理が、「結婚してから料理の腕上がったよね」「品数多いし、栄養バランスも良さそう。盛り付けも素晴らしいし見習いたい」「こんな美味しそうな料理食べられるなんて、旦那さん幸せそう」と話題に。井上さんは、努力を重ねて調理師試験に合格したようですね。

 

小倉さんは努力を重ねて料理上手に!


『愛のエプロン』では井上さん以外にも、長瀬智也さんや安めぐみさんが手料理を酷評されていました。また、ママタレとして大活躍中の小倉優子さんも“料理音痴”として番組に出演していたタレントのひとり。

 

現在はレシピ本を多数発表している小倉さんですが、『愛のエプロン』出演時には“生魚を電子レンジ”に入れたり“麻婆豆腐のトロミをつけるために水飴を投入”するなど数々の伝説を残しています。

 

しかし番組での失敗を活かして料理教室へ通うようになり、今は料理上手なママとしてテレビ出演することも。SNSなどにアップする美味しそうな料理は、度々注目を集めるようになりました。小倉さんも努力によって料理上手に成長したようです。

 

「自分は料理できない…」と諦めかけている人も、井上さんや小倉さんを見習ってセンスに磨きをかけてみてはいかがでしょうか。

 

文/長谷部ひとみ

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【小ネタ】その他の記事

小ネタ
もっと見る