注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

“家事における奥さんの働き”を時給で換算すると? 既婚男性から驚きの回答結果が…

家事

2019.01.06

20181218kaji01アイロボットジャパン合同会社が、子どもがいる20代~40代の既婚男性600名を対象に「夫婦間の家事分担に関する意識調査」を実施。家事にまつわる“旦那さんのホンネ”が明らかになったのでご紹介しましょう。

 

口論になる原因3位は「家事の分担」に!


はじめに「家庭で奥さんと意見が合わなかったり口論になる原因は何ですか?」と質問。トップ3は「子どもの教育」(35.5%)、「お金の掛け方」(33.0%)、「家事の分担」(28.5%)という結果になりました。

20181218kaji02

 

20181218kaji03

次に、口論の原因で3位にランクインした「家事の分担」を深堀り。「家庭での家事分担の割合」を聞いたところ、「3割以下」と回答した男性が70%以上もいることがわかりました。また「2割以下」という回答は、全体の約半数になったことが判明しています。

 

20181218kaji04

「自身が担当している家事」を調査すると、「ゴミ出し」(64.9%)、「風呂掃除」(56.3%)、「食器洗い」(56.1%)に多くの回答が。これらの家事をこなす中で「奥さんに叱られたこと」を聞いたところ、「毎日してほしい」「やり方が雑」「食器洗いでスポンジにつける洗剤の量が多すぎる」「ゴミの分別の仕方が違った」「出社前に時間があったので、少しでも食器を洗っておけば楽だろうと自分の分だけ洗ったら『嫌がらせだ』と怒られた」などのエピソードが寄せられました。

 

6割以上の旦那さんが「家事分担の見直しを考えている」と回答!


続いて「“家事における奥さんの働き”を時給で換算するといくらに相当すると思いますか?」と質問すると、平均時給は1461円に。アイロボットジャパンは以前に既婚女性へ同じ調査をしており、その時の平均時給は1639円でした。この結果から、夫婦間において「178円」の差が出ていることが判明しています。

20181218kaji05

 

20181218kaji06

家事に対する夫婦間のギャップが明らかになりましたが、「家事分担を見直したい」と考えている男性はどれくらいいるのでしょうか。「家事分担量を見直すにあたって実施しようと考えていることはありますか?」と聞いたところ、「ある」との回答は64.4%になりました。

 

20181218kaji07

「使用を検討している時短サービスや商品」を自由回答で調査したところ、最も多い回答は「ロボット掃除機」(24人)という結果に。そのほか「食器洗い乾燥機」(21人)、「家事代行サービス」(9人)にも多くの回答が集まっています。

 

■調査概要
調査エリア:全国
調査対象者:20~49歳の子供を持つ既婚男性
サンプル数:600
調査期間:2018年10月19日~21日
調査方法:インターネットリサーチ
※アイロボットジャパン調べ

 

文/原田美咲

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【小ネタ】その他の記事

小ネタ
もっと見る