注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

体調不良で仕事を休んでも家事の手を抜けない日本人の性

家事

2019.11.13

忙しい毎日を過ごしていると、つい体調を崩してしまう時ってありますよね。具合の悪い中、家事や育児を行うのはかなり骨が折れるもの。そこで今回は、“体調がすぐれない時の対処法”についてピックアップしていきましょう。

 

多少無理してでも家事を行う?


働きながら日々家事に追われているAさんは、体調が悪くなったため仕事を休むことに。全身のけだるさを感じつつ、頑張って家事だけは済ませたそうです。

 

しかしそのせいで治りも遅れてしまったため、どのように対応すれば良かったのか周囲に意見を求めていました。

 

Aさんと同様に、辛い状況下でも家事を行っているという人が続出。

「以前体の節々が痛む中、食器の片づけや洗濯をやった…」

「家事をためるのがイヤなので、多少無理してでも終わらせます」

「吐き気を我慢しながら家事をした記憶がある」

などの声が相次いでおり、体調が悪くても家事の手を抜けない人は少なくありません。

 

また小さい子どもがいる家庭では、さらに大変な思いをしているようです。

 

ネット上では、

「風邪程度なら家事はできるけど、育児に関しては子どもにうつしたくないから困ります」

「熱がある状態で子どもの送り迎えをした時はしんどかった…」

「具合が悪い時でも家事と育児はなんとか乗り切ってるものの、自分の体に負担をかけすぎてないか心配になる」

といった声が上がっていました。

 

宅配や冷凍食品で家事の負担を軽減!


負担を感じる人がいる一方で、“他の人に頼る”といったケースも。

「お弁当や総菜を夫に買ってきてもらったり、掃除や洗濯も代わりにしてもらう」

「育児に関しては、近所の人やベビーシッターにお願いしてます」

「近くに住んでいる実の両親に、家事や育児全般を任せることが多い」

など、周囲に助けを求めるのは1つの手かもしれません。

 

では自身の体調が悪いと感じた時、家事や育児への対応はどうするのがいいのでしょうか?

 

アドバイスとして、

「食事はお弁当代を渡したり、宅配や冷凍食品を活用してみて」

「地域によっては“子育て支援”というボランティアがあるよ。多少お金はかかるけど、子どもの送迎や預かりなどを代行してくれるのでおすすめ」

「体調がすぐれない時は、完璧にこなそうと思わずに手を抜くこと。誰かに任せて少しでも早く治すのが先決だし、家事は体調が良くなってからすればいい」

といった意見が寄せられています。

 

中には

「何かあった時のために、作り置きの料理もあると便利かも」

「家事と育児ができない時、夫が代わりにできるよう“家事・育児ノート”を用意してみるのはどう?」

「子どもに普段から色々とお手伝いさせておけば、体調が悪い時に楽できるよ」

と、緊急時の備えを勧める人も見られました。

 

冬は体調不良に要注意!


実際、体調が悪い時にはどのようなことで困るのか気になるところ。

夢の街創造委員会株式会社が今年実施した、「体調不良の時の食事の準備に関する調査」を見ていきましょう。

 

1109名の女性に「体調不良の時に困ること」についてアンケートをとったところ、最も多かったのは「食事の準備(68.3%)」でした。

他に「食材や生活品の買い物(58.6%)」「洗濯(34.1%)」「掃除(28.9%)」などもランクイン。体調不良になった時の女性たちは、家事全般で苦労しているようです。

 

また同調査では、“体調不良時の食事の準備はどうしているのか”もたずねていました。

結果を見ていくと、「出前を利用する」が61.6%で最も高い割合に。一方で「自炊する」という回答も42.5%にのぼり、無理をする人も少なくないことがわかります。

 

ちなみに2539名の男女に聞いた「体調不良になりやすい時期」は、トップ3が「12月」「1月」「2月」で各3割以上。やはり寒い季節に体調を崩してしまうケースが多いのかもしれません。

 

家事や育児でなるべく無理をしないよう、体調管理には気をつけていきたいですね。

 

文/長谷部ひとみ

参照/夢の街創造委員会株式会社「体調不良の時の食事の準備に関する調査」https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000029254.html

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【小ネタ】その他の記事

小ネタ
もっと見る