注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

お菓子の袋を10円玉2枚で開ける裏技!?どうやって…?

家事

2020.08.18

「モノを切りたいのにハサミがない!」。日々の生活で遭遇するちょっとした一大事ですが、別の日用品を上手く使うことで代用できるかもしれません。そこで今回は、ハサミを使わずに様々なモノを切る裏技を紹介していきましょう。

 

10円玉2枚をハサミ代わりに使う裏技


以前「警視庁警備部災害対策課」の公式Twitterでは、10円玉2枚でお菓子の袋を開ける方法が紹介されました。やり方は簡単で、切りたいところを10円玉2枚で挟み、前後にスライドさせるだけ。災害時の避難所などでハサミが無い時にも、この方法を知っておけば袋の開封に困ることはないでしょう。

 

10円玉をハサミとして使う裏技に、SNSなどでは「これ知ってるとめっちゃ便利そう!」「試してみたけど結構切れる」「10円玉のふちを上手く合わせるのがコツっぽい」「無駄に袋をあけたくなる!」といった声が。また「固い紙を切る時とかにも応用できそう」「セロテープを切るときにも使える」などとも指摘されていました。

 

硬貨をハサミの代用にする裏技といえば、衣類などについている商品タグを切る方法も有名。こちらは穴の開いた5円玉を使用します。まず5円玉を2枚用意し、タグピンの根元を硬貨の穴に通します。続いて、5円玉の間に10円玉を1枚食い込ませ、10円玉だけ指で押し込むと、タグピンを簡単に切ることができるそうです。

 

>>NEXT ボールペンでも商品タグを切断できる!?

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【小ネタ】その他の記事

小ネタ
もっと見る