2019.08.12

【やって見る価値アリ?】おすすめ?コンビニちょい足しグルメ

7-1

忙しいときや疲れているときに便利なのが、コンビニのお弁当やお惣菜です。おいしく手軽に食事が済ませられるので、利用している人は多いですよね。
最近ではお惣菜に力を入れているコンビニも増えたことから、レベルの高いお惣菜を楽しめるようになりました。
しかし、毎日のように同じものを食べていると、さすがに飽きてくるもの。そこで今回は、コンビニ食品にひと手間かけることで、おいしいメニューに大変身するレシピをご紹介します。

■おにぎり

コンビニのおにぎりはご飯もふっくらしており、そのまま食べてもおいしくいただくことができます。しかし頻繁に利用すれば、その味に飽きてしまうこともあるのではないでしょうか。

実は、おにぎりはほんの少しアレンジを加えることで、立派な一品に変身します。どんなおにぎりでも簡単にリメイクできるのが、チャーハンです。
調理法はいたってシンプル。海苔をとったご飯をほぐし、卵を混ぜ合わせて塩コショウします。これをレンジで温めればコンビニのおにぎりがチャーハンに早変わりです。とっておいた海苔は細かくちぎって、チャーハンの上から振りかけていただきます。本格的なチャーハンを作りたいなら、さらにフライパンで炒めればOKです。

チャーハンほど手間をかけたくないという人におすすめなのが、リゾットやお茶漬けです。
海苔をとったおにぎりをお茶碗に入れ、そこにトマトジュースを加えてレンジで温めれば、トマトリゾットの完成。オムライスおにぎりを使用すると、さらに本格的なリゾットに仕上がります。

お茶漬けはこれより簡単で、海苔をとったおにぎりをお茶碗に入れ、そこに好みのスープの素を入れて、熱いお湯をかけます。海苔をちぎってトッピングすれば出来上がりです。

■カップラーメン

コンビニグルメの定番といえば、カップラーメンですよね。そのまま食べてもおいしいですが、ほんの少し、ちょい足しをするだけで絶品のラーメンを楽しめます。

風味を変えたいときは、にんにくチューブやごま油がおすすめです。単体で足しても良いですが、にんにくとごま油を合わせると、香りが引き立ち、さらに奥深い味へと変化します。

少しボリュームを出したいときは、卵やチーズを足してみましょう。カップラーメンだと卵は半熟でチーズがトロトロになり、やみつきになること間違いありません。

刺激が欲しいときは、キムチを足してキムチラーメンに変化させるのも良いでしょう。
シーフード系のラーメンであれば、お湯ではなく牛乳やトマトジュースを沸騰させて加えると、コク深いスープを楽しめます。
いつもの味より本格的なスープを味わえるので、牛乳やトマトジュース以外もいろいろ試してみると面白そうですね。

■カップスープ

カップスープもいろいろアレンジができるコンビニグルメの一つです。
カップの春雨スープとお湯を鍋に入れ、サラダチキン、豆腐を加えれば本格的な中華風鍋の完成です。担々麺やサンラータンなど、刺激が強い系のスープにすると、チキンともよく合うのでおすすめです。

また、カップみそ汁をお鍋に移し、半熟卵と冷凍うどんを入れれば、味噌煮込みうどんの完成です。肌寒い日の夜食にもぴったりのメニューです。

ポタージュ系のカップスープは、ちょい足しで洋風メニューが簡単に仕上がります。
ポタージュやコーンスープなどのカップスープを分量のお湯で割り、ゆでたパスタに合わせるとクリームパスタの完成です。いつもより少なめのお湯でカップスープを割るのがポイントです。

ポテトグラタンが食べたいときには、コンビニのポテトサラダを耐熱皿に入れ、お湯でといたクリースープを加えてチーズを乗せてオーブンで焼きあげたらあっという間に完成です。ポテトサラダの代わりにおにぎりのご飯を入れて作ると、ドリアとしてもいただけます。

佐藤 千尋

佐藤千尋
宮崎県のライターで執筆歴は3年。家事歴10年の経験を活かして、皆さんに役だつ情報を提供できれば幸いです。