2017.07.17

夏でもいたみにくい!【タンドリーチキン弁当】レシピ

夏でもいたみにくい!【タンドリーチキン弁当】レシピ

夏でもガッツリ!スタミナ重視!

夏にピッタリなカレー味のチキンなら、ボリュームはもちろん、いたみ対策もバッチリ。揚げ焼きにしたなすとうずら卵入りの副菜で、スタミナ満点弁当のでき上がりです。

 

タンドリーチキンをオーブントースターで手軽に!

かんたんタンドリーチキン

◆材料(1人分)
鶏もも肉・・・ 100g
おろし玉ねぎ・プレーンヨーグルト(無糖)・・・ 各大さじ1
ケチャップ・・・大さじ1/2
カレー粉・・・小さじ1
塩・・・小さじ1/4
赤パプリカ・・・大1/8個

◆作り方

1)鶏肉はひと口大に切ってAとともにビニール袋の中に入れて袋の上からもみ、空気を抜いて口を閉じ、ひと晩冷蔵庫におく。パプリカはヘタとタネをとって2㎝角に切る。

2)鶏肉とパプリカを混ぜ合わせ、クッキングシートを敷いた天板の上に広げ、予熱したオーブントースターでこげ目がつくまで焼く。

マスタードと酢のまろやかな酸味が◎

なすのマスタードマリネ

◆材料(1人分)
なす・・・1本
粒マスタード・・・小さじ1
塩・・・少々
酢・・・大さじ1/2

サラダ油・・・適量

◆作り方

1)なすは1.5㎝厚さの輪切りにする。Aを混ぜ合わせる。
2)フライパンに高さ1㎝くらいまでサラダ油を入れて中火で熱し、なすを加えてしんなりするまで揚げ焼きにし、熱いうちにAをからめる。

 

ゆかりの風味が食欲をそそる!

きゅうりとうずら卵のゆかりあえ

◆材料(1人分)
きゅうり・・・1/3本
うずら卵の水煮・・・2個
塩・・・少々
ゆかり・・・小さじ1/4

◆作り方
1)きゅうりはヘタを落として縞目に皮をむき、1.5㎝厚さの小口切りにして塩をふり、5分ほどおいて水けを搾る。
2)1とうずら卵、ゆかりを混ぜ合わせる。

 

 

<いたみにくいポイント>

お弁当箱はしっかり洗浄し
きちんと乾燥させておく

お弁当箱は洗って清潔にするのはもちろん、完全に乾燥させるのも大事。キッチン用除菌スプレーを使うのも有効。

 

 

料理製作/中村陽子 撮影/鈴木泰介 スタイリング/深川あさり

(2016年CHANTO8月号より)

印刷する

Chanto