注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

すぐに完成!時短簡単漬け置きレシピ

家事

2019.09.01

10-1

仕事から帰って食事の支度は、できれば簡単に済ませたいものですよね。
そうは言っても健康のことを考えると食事をおろそかにすることはできません。手抜き感もなく、簡単に作ることができて、栄養バランスもバッチリ!そんな都合の良い料理なんてある訳がない!そう思っていませんか?
そんな都合の良い料理として「漬け置き料理」が注目されているのをご存じでしょうか?簡単に短時間で作ることができる漬け置き料理をいくつかご紹介したいと思います。


◆漬け置き料理とはどんな料理?

まずは、漬け置き料理とはどんな料理なのか、確認しておくことにしましょう。
具材をタレや塩などに漬けてしばらく置いてから、調理に使って作った料理が漬け置き料理になります。
肉、魚、野菜などが具材になりますので、対象となる具材は具材の数だけあるのではないかと思ってしまうほどです。また、何で漬け込むかによって、バリエーションも広がる料理とも言えるでしょう。
漬物、かす漬け、みそ漬けなどは、古くからある漬け置き料理のひとつと言えるのではないでしょうか?主菜になるものもあれば、副菜として箸休めなどになるものもあるでしょう。

●漬け置き料理メリット
また、漬け置き料理にはどんなメリットがあるのか見てみることにしましょう。
・事前に準備をしておくことができるため調理時間の短縮を行うことが可能
・肉を漬け置きして冷凍保存しておけば、肉が柔らかくなる
・調味液で肉の表面が覆われて肉の乾燥を防ぐことが可能
・野菜を漬け置きして冷凍保存することで、茹でた野菜のように柔らかくなる。
※冷凍することで葉野菜の場合は細胞が破壊されて茹でた野菜と同じ状態になるのだそうです。

10-2

 


◆簡単漬け置きレシピ

それでは、簡単に作ることができる漬け置きレシピをいくつかご紹介することにしましょう。

●ふんわり柔らかビーフ&エリンギのプルコギ風味
ビーフにマイタケを組み合わせることで、エリンギの酵素が加わってお肉がさらにふんわりと柔らかくなります。エリンギの食感とビーフのふんわり感が絶妙です。

材料(4人分): 牛薄切り肉 300g、エリンギ 200g、玉ねぎ 2分の1個、オレンジパプリカ 1個、にら1束
漬け込みたれ: しょうゆ 大さじ3、砂糖 大さじ2、すりおろししょうが 適量、すりおろしにんにく1片分、白すりごま 大さじ2、ごま油 大さじ2

作り方は、とても簡単です。
1.漬け込みたれの材料をよく混ぜ合わせます。
2.玉ねぎ、オレンジパプリカは薄くスライスします。
3.エリンギは約3cmの長さの短冊切りにします。
4.牛肉は食べやすい大きさに切ります。
5.ジップ付きの保存袋に2,3,4を入れて1を加えてよくなじませます。
6.冷蔵庫に入れて3時間以上置いておきます。
7.にらを約3cmの長さに切ります。
8.フライパンを温めて6を入れて炒めます。
9.牛肉に火が通ったら7を加えて軽く炒めます。

●電子レンジで温めるだけでOKサッパリ鶏ささみ
漬け置きしておいた鶏のささみ肉を電子レンジで温めるだけで完成するサッパリ味の一品です。

材料(4人分): 鶏ささみ肉 4枚、塩 小さじ1、砂糖 小さじ2、水 大さじ1、酒 大さじ2、レモンの絞り汁 お好みで、乾燥バジル 適宜

作り方は次の通りです。
1.鶏ささみ肉は、食べやすい大きさに切ります。
2.ジッパーがついた保存袋に、1、塩、砂糖、水を加えて袋のままよくもみこみます。塩と砂糖がきれいに溶ければOKです。
3.2を冷蔵庫に入れて、約1時間置いておきます。
4.耐熱皿に3を平に並べて酒を加えます。
5.4にラップをかけて電子レンジで約1.5分加熱します。
6.5の鶏ささみ肉を裏返して、ラップをかけて電子レンジで約1.5分加熱します。
※加熱が不足している時には、適宜少しずつ加熱してください。
7.6を冷まして皿に盛り、お好みでレモンの絞り汁をかけて、乾燥バジルをふりかけて完成です。


●手間なし簡単ほうれん草のおひたし
葉野菜のおひたしは、茹でないとダメだと思っている方は、葉野菜を冷凍することでそのまま食べることが可能です。

材料(4人分): ほうれん草 2把、しょうゆ 適量、けずり節 適量、すりごま 適量

作り方:
1.ほうれん草を水洗いし、よく水を切って食べやすい大きさにカットします。
2.ジッパー付きの保存袋に1を入れて冷凍庫に入れて冷凍させます。
3.2を自然解凍して、皿に盛り、しょうゆ、けずり節、すりごまをかければOKです。
※こまつ菜などの他の葉野菜でも試してみてください。

●料理セットを作ればさらに時短が可能
漬け置き料理を作るときに、料理セットを作っておけばさらに時短が可能になります。
今回ご紹介した肉料理をメイン料理として、何種類かの葉野菜を冷凍にしておけばバランスの良い食事をアッと言う間に用意することが可能です。
また、平日は火の通りが良い野菜のもやし、ピーマン、ネギ、キャベツ、白菜、オクラ、トマト、なす、きのこ類などを使うことで調理時間を短くすることができるでしょう。
大根やごぼうなどのような火の通りに時間がかかってしまう野菜料理は週末の楽しみにとっておいてはいかがでしょうか?
また、肉料理と相性の良い玉ねぎ、にんじん、ピーマンなどは特におススメです。

手早く作ることができる漬け置きレシピをいくつかご紹介しましたが、今回ご紹介したレシピはどれも具材を変えるだけでOKなものばかりですので、よろしければ、お好みで具材を変えてトライしてみてください。

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る