注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

たらの西京焼きレシピ「切り身魚が断然、美味しくなる」

家事

2019.08.04

2020.10.14

たらの西京焼きレシピ「切り身魚が断然、美味しくなる」

お弁当には、魚の切り身や刺身で手軽に作れる西京焼きがおすすめ。今回は手に入りやすいタラを使ったレシピをご紹介します。

 

身はふっくら柔らかで、出来合いの西京漬けに比べて塩けが強すぎないので、子どもでも食べやすいのが特徴です。前日に漬けておけば朝、焼くだけ。焦げないよう、焼く前にみそをふきとるのをお忘れなく!

切り身魚が断然、美味しくなる!

材料(2人分)

生だら(切り身)
2切れ
少々
A|西京みそ
大さじ2
A|酒
大さじ1
A|砂糖
小さじ1

作り方

1. たらはひと切れを二等分に切る。両面に塩をふって、冷蔵室で40分〜1時間おく。出てきた水けはふきとる。

2. ボウルでAをよく混ぜ合わせる。

3. ②に①を加えてあえ、ラップでくるむ。ひと晩から1日漬ける。

4. ❸のみそをふきとり、グリルで焼く。あればすだち適量(分量外)を添える。

\ 他のレシピはこちらから! /

お弁当特集のTOPに戻る

フードコーディネート/田頭志保 取材・文/田川志乃 撮影/菅井淳子

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【お弁当レシピ】その他の記事

お弁当レシピ
もっと見る