注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

毎日家事の効率的な手順とポイント~洗濯編~

家事

2019.06.11

20-1

家族が多いとどんどん増えて溜まっていく洗濯物。特に子供が生まれてからは、洗濯物の量はさらに増えます。ひとり暮らしのとき、そして夫婦で暮らすようになってからも数日に一度で事足りていたお洗濯が、今では毎日、時には日に複数回しなければ間に合わなくなってきた……なんてご家庭も多いのではないでしょうか。
洗濯物の量や洗濯機を回す回数が増えれば、それだけ時間も手間も多くなります。お仕事や子育て、他の家事でも忙しい毎日の中で、お洗濯を少しでも効率よく、そして短い時間でクリアするためのポイントやコツをご紹介します!

■洗濯によく使うアイテムは洗濯機まわりに収納しておく

洗濯に限らずあらゆる家事に言えることですが、使う道具をすぐ近くに置いておくとそれだけで家事に取り組みやすくなります。わざわざ道具を取りに行く、というひと手間を省くだけで家事はとてもやりやすくなるんです。
お洗濯についても同様で、洗剤や洗濯用ネット、ハンガーなど、洗濯に使ういろいろなアイテムは洗濯機のすぐ近くに収納しておくとひとつひとつの作業にかかる手間を減らすことができます。洗濯機を回すときには洗剤を探し、繊細な衣類を洗うときには洗濯用ネットを探し、洗濯物を干すときにはハンガーを探し……いちいち必要になる動作を省けるだけで、お洗濯の各工程はずっとスムーズにこなせるようになりますよ!

■洗濯ネットを使い分けて洗濯物を干しやすく

洗濯物を干すとき、靴下が片方見つからなくなったり、タオルや長袖のシャツなどが絡まってしまったり、スムーズに干す工程へ移れずストレスに感じることも多いですよね。
そこで使いたいのが洗濯ネットです。下着のような型くずれをさせたくないもの、繊細なものを入れて使うことが多いですが、靴下のように洗濯機の中でばらばらになりやすいものをまとめて洗うのにもとても便利。靴下を脱いで洗濯ネットに入れるというひと手間だけで、洗濯物を干す際のストレスをかなり軽減できます。
色や柄、大きさなどが違う洗濯ネットをいくつか用意して、衣類によって使い分けるのもおすすめです。靴下などは大きめの洗濯ネットにまとめて入れたり、下着は小さなネットにひとつずつ分けて入れたりというように種類別に使うことで、どの洗濯ネットに何が入っているかを把握しやすくなり、洗い終わった洗濯物を干す際に役立ちます。

20-2

■洗濯物を干すときとクローゼットに衣類をしまうときのハンガーは同じ物を使うと時短に!

お洗濯の工程の中でも、乾いた洗濯物を収納するのを面倒に感じる方は多いはず。いろいろな理由から外に干すのではなく部屋干しを選ぶご家庭も増えていますが、部屋の中に衣類を干しっぱなしにするのは邪魔だけれど、いちいちハンガーから外してしまうのも面倒だし……と雑然とした部屋のまま過ごしてしまう方も多いのではないでしょうか?
洗濯物を収納するわずらわしさを少しでも減らすためには、「ハンガーを統一する」のがおすすめです。
ハンガーにかけてしまう衣類に限ったことではありますが、洗濯物を干すときに使うハンガーとクローゼットやラックにかけるときに使うハンガーを同じものにしてしまえば、洗濯物が乾いた後に改めてしまう手間がかなり省けて時間も手間も節約できます。
衣類をハンガーにかけて収納することには他のメリットもあります。例えば折り目やしわなどができにくくなりますし、タンスなどにしまうのと比べてひと目でどの服があるのかわかりやすく、時間がないときでも服を選びやすいです。
Tシャツなどかさばらないものはたたんでしまっている方も多いですが、ハンガーにかけておいた方が型くずれしにくい衣類もたくさんあります。たたんでしまうよりもスペースが必要にはなりますが、今一度衣類の収納を見直してみるきっかけにもなりますね。

■洗濯物を干す時間・取り込む時間をなくすなら乾燥機がベスト

いろいろな工夫をしても、洗った洗濯物を干して、乾いたら取り込んで……という工程がある限り、完全にその手間をなくすことはできません。無理のない範囲で家事をこなせるのなら良いのですが、あまりに忙しかったり、疲れていたりするとどうにもおっくうになってしまうことは否めませんよね。
そんなときには、家電に助けてもらうのが一番の解決方法でもあります。乾燥機があれば、洗濯物を干すという作業全てを短縮できます。衣類が傷んだりしわになったり、もしくは電気代がかかるということが気になる場合でも、短時間乾燥機にかけるだけで洗濯物が乾くまでの時間はかなり短くできます。部屋の中に洗濯物が長く干しておくだけで雑然としてしまいますから、すっきりと整理された部屋を保つという意味でも乾燥機はかなりおすすめの家電です。

ひとりで暮らしていたとき、そして夫婦ふたりで暮らしていたときにはなんとなくこなせていた洗濯も、子供が生まれるとそううまくはいかなくなることが普通です。
仕事や他の家事、そして育児に追われる忙しい毎日の中でもお洗濯は特に大切な家事のひとつ。これまで通りの方法で完璧にこなそうとするのではなく、いろいろな工夫を試してみたり、サポートしてくれる新しい家電を導入してみたりと、手間やストレスを少しでも減らして毎日のお洗濯を乗り切りましょう!

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【洗濯】その他の記事

洗濯
もっと見る