注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

着ていた服をビニール袋に入れれば、 自分の体臭が簡単にわかります

家事

2018.09.18

2018.09.21

20180918taishu018月が終わっても、まだ残暑が厳しい季節。自分や周りの人の体臭は気になるポイントですよね。実は雨の日のような湿度の高い日は、体臭が広がりやすいのだそう。今回は気になる体臭のセルフチェック&対策法を紹介していきます。

 

体臭対策にはセルフチェックが大切!


今年8月に放送された『ゴゴスマ 〜GO GO! Smile!〜』(TBS系)では、医師・医療ジャーナリストの森田豊先生が登場。体臭についてさまざまなレクチャーを行いました。まず明かされたのは、体臭がある人とない人の違い。森田先生によると、「運動不足」「肉食中心の食生活」「酒やたばこ」「メタボ体質」といった要素が体臭のある人の特徴なのだそう。

 

また簡単にできるセルフチェック方法も。全身の臭いをチェックするためには、日中に着た服や夜間に着ていたパジャマなどをビニール袋に入れて嗅いでみましょう。そうすることで普段意識しない自分の体の臭いに気づくことが可能に。枕の臭いを嗅ぐのもセルフチェックには有効ですよ。

 

これには視聴者からも「確かに自分の臭いって本気で嗅ごうと思って嗅いだことないかも」「ちょっと怖いけど、自分の臭いをきちんと確認しておこう…」「ビニール袋に入れるだけならすぐできるし、人に迷惑かける前に自分で気づいて対策したい!」といった声が。

 

体臭を防ぐためには、こまめな水分補給を心がけてサラサラな汗を出すことが大切。さらに朝41度のシャワーを浴びることで加齢臭の元になる成分がなくなり、臭い対策になることも明かされていました。

 

体臭対策に効果的な食材は?


番組では他にも体臭対策に効果的な食材として、パセリや海藻など“消臭食材”と呼ばれる食べ物が登場しました。実は体臭対策に効果的な食べ物は意外と多いよう。ドラッグストアなどを運営する「ココカラファイン」公式サイトでは、体臭を抑える食べ物を紹介しています。

 

ビタミンC、ビタミンE、カテキン、ポリフェノールなどが多く含まれる緑黄色野菜や緑茶は、タンパク質や脂質の酸化を抑制。酸化臭が発生するのを防いでくれます。お酢や梅干し・海藻類などは、臭いの原因となる体内の乳酸などの生成を抑えることが可能。他にも食物繊維やオリゴ糖には、腸内で悪臭成分が発生するのを抑えてニオイ物質を便とともに体外に排出する効果が。

 

また「便秘」が体臭の原因になることも。便秘になると腸内に不要物がたまり、悪臭ガスが発生。血液に入った悪臭ガスは、汗と一緒に体の外に出てきてしまいます。この場合はヨーグルトやチーズ・味噌・塩麹などに多く含まれる乳酸菌や、ごぼう・玉ねぎ・大豆などに含まれるオリゴ糖を摂るといいそう。腸内がきれいになり、便秘も解消されますよ。

 

自分ではわかりづらいからこそ、気をつけたい“体臭”問題。エチケットの一つとして、日頃から気をつけていけるといいですよね。

 

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【洗濯】その他の記事

洗濯
もっと見る