注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

汚れた靴下が新品のよう!シミ落としの最終兵器「なんでもとれ~る液」

家事

2018.08.14

2018.09.21

20180808irazuryu01

どんなに大切に使っても、汚れたり傷んでしまうのは衣類にとって避けられない宿命。お気に入りの洋服にうっかりシミを作って、テンションがガタ落ちした経験はないでしょうか。そこで今回は、シミ抜きのプロ直伝のテクニックをチェックしていきます。

 

靴下の黒ずみを簡単に落とす方法とは?


7月放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、“シミ抜きの達人”高橋勤さんが登場。一度ついたらなかなか落ちない「靴下の黒ずみ」の簡単な落とし方を教えてくれました。白い靴下の場合は汚れが一層目立ってしまいますが、高橋さん秘伝の「なんでもとれ~る液」を使えばどんな汚れがついても心配ありません。

 

魔法のような効能を秘めた「なんでもとれ~る液」の作り方はとても簡単。まずは「固形石鹸」をおろし金ですり下ろし、細かい粉末状にしていきます。続いて、細かくなった石鹸と重曹、アンモニア水をボウルの中でミックス。後は水を注いで溶かせば、あっという間に“魔法の液体”のでき上がり。

 

歯ブラシに「なんでもとれ~る液」をつけてゴシゴシこすれば大抵の汚れは落とせますが、靴下の黒ずみは“シミ界”の中でもトップクラスに厄介な汚れ。足の裏には体重がかかるため、強い圧力で汚れがすり込まれてしまうのです。

 

そこで登場したのが「圧力鍋」を使ったテクニック。初めに、歯ブラシを使って「なんでもとれ~る液」を靴下にたっぷり塗りつけます。お次は鍋の中に水を5センチほど張ったら、すり下ろした固形石鹸を投入。後は靴下を入れて、鍋を5分間煮込むだけ。蓋を開けてみると、まるで新品のように綺麗な靴下が登場しました。

 

ただし、「色物・柄物」の靴下に同じ方法を使うと色落ちしてしまうので要注意。また、素材は綿か麻の靴下にしか使用できません。使用法にさえ注意すればとても頼りになるテクニックなので、靴下の汚れが気になる人は早速試してみましょう!

あらゆる汚れを綺麗に落とす“シミ抜き流派”


驚きのシミ落とし術を披露してくれた高橋さんは、なんと高知県に本山を構えるシミ抜き流派・不入(イラ)流の開祖。シミ抜き技術の教室を全国に展開している不入流では、クリーニング業者の指導を行っています。また「現場で役立つ仕事」というモットーを持ち、業者からの依頼はもちろん一般のお客さんからのシミ抜き依頼にもバッチリ対応。

 

「シミ抜きに流派なんてあるの…?」と驚く人も多いようですが、ネット上を見ると「不入流にお願いしたら、絶対に落とせないと諦めてたシミ汚れが綺麗さっぱりなくなってた!」「本当に魔法みたいに綺麗にしてくれるから、不入流の技術は世界で評価されるべき」といった声も上がっています。

 

服の汚れに頭を抱えている人は一度、不入流の門を叩いてみると良いかもしれませんね。

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【洗濯】その他の記事

洗濯
もっと見る