注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

洗う前、干す前の 〝秘密のひと手間〟で 洗濯は時短できる!

家事

2016.02.11

2017.04.20

教えてくれたのは…

洗濯王子こと中村祐一さん

クリーニング師。実践しやすい洗濯術に定評がある。『洗濯王子に教わるおうちで快適クリーニング!』(主婦と生活社)など著書多数。

洗濯には、洗う、干す…などいくつかの工程がありますが、「作業前のひと手間が大事」と中村さん。

DMA-中村祐一さん

「たとえば洗濯機に入れる前に汚れを温めて浮かす…といった手間をかけておくと、あとでゴシゴシ洗うより汚れが早く落ちて、時短になります」乾きにくい衣類は干す前にドライヤーをあてる、アイロンをかける前に手でシワをのばす…など、どの工程でもひと手間が大切。

「あとはしっかりすすぐこと。実はすすぎこそが汚れをしっかり落とすポイントなので、1回にしている人は2回にしてみるといいでしょう」

汚れを浮かせてから洗う 落ちにくい汚れはついゴシゴシ洗いがち。でも洗濯機に入れる前のひと工夫で、ほうっておくだけで汚れが浮き、ムダな労力は使わずに驚くほどきれいに落ちます。

 食べこぼしには食器洗い用洗剤

DMA-_MG_0851f

落ちにくい食べこぼしは、台所用中性洗剤を直接塗ってから洗濯機で洗う。しょうゆもソースもその日のうちならキレイに落ちる。

衿首汚れは洗剤+ドライヤーの温風で対処

DMA-_MG_0869f

黒ずんだ衿首の皮脂汚れは、液体洗剤を塗り、ドライヤーで10秒温めてから洗濯機へ。つけおき洗いなしでも汚れがよく落ちる。

ビニール袋でつけおき&もみ洗いで泥もすっきり

DMA-_MG_0861f

靴下などのガンコな泥汚れは、ビニール袋に粉末洗剤大さじ1、お湯を少々入れて軽くもんでひと晩おく。そのあと洗濯機に入れる。

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【洗濯】その他の記事

洗濯
もっと見る