2019.07.20

ゴミ屋敷になる前に!トランクルーム活用法

200-1

自宅に荷物が増えると収納場所が不足しまい、置き場所に困ることがありますよね。物が多くなることで部屋が雑然として見えてしまう悩みも出てきます。

そこで今回は、キレイな部屋をキープするためのトランク活用術についてご紹介します。

■トランクルームとは

普段あまり利用しない荷物などを一時的に預けることができるのが、トランクルームです。月額料を支払えば保管スペースを借りることができます。

トランクルームといえばコンテナタイプのものを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、最近では用途に合わせたサイズのトランクルームを借りることが可能です。

自分の好きなときに荷物を出し入れできるので、自宅用だけでなく、仕事用として利用している人も多いようです。

月額料は立地や設備環境、トランクルームのサイズなどによって異なりますが、割安なものであれば月に2,000円程度から借りることができます。

■トランクルームの種類

トランクルームは大きく分けると、屋内型と屋外型の2種類に分類されます。また、荷物を運んでくれる宅配型のサービスもあります。それぞれどのような特徴があるのか、紹介します。

・屋内型トランクルーム

屋内型の場合、コンテナタイプとロッカータイプのトランクルームが用意されています。倉庫にコンテナが用意されているものもあれば、ビルの中にたくさんのロッカー型のトランクルームが設置されているものもあります。

最近では都心部でトランクルームを利用する人が増えており、ロッカータイプに人気が集まっています。洋服や小物を収納できるよう、棚が設置されているタイプも増えています。

・屋外型トランクルーム

街の中心部から少し離れた場所でよく見かけるのが、屋外型のトランクルームです。コンテナをいくつも積み上げているタイプが多く、月額料も比較的割安なのが特徴です。

大型のコンテナを利用していることが多いため、かなりの量の荷物を預けることが可能です。

屋外型には他にもガレージタイプのトランクルームがあります。ガレージタイプはかなり大型のトランクルームのため、単車から大型トラックまで駐車できるほど広いタイプが用意されています。

・宅配型トランクルーム

荷物をトランクルームや自分の部屋まで運んでくれる、宅配型のトランクルームもあります。
わざわざトランクルームまで足を運ぶ必要がなく、必要なときに依頼すれば荷物を運んでくれます。

荷物の引き取りや預け入れはすべて宅配業者が行ってくれるので、安心して預けることができます。
近くにトランクルームがない場合や、車を持っていない人にとっては便利なサービスといえるでしょう。

佐藤 千尋

佐藤千尋
宮崎県のライターで執筆歴は3年。家事歴10年の経験を活かして、皆さんに役だつ情報を提供できれば幸いです。