2019.07.19

本当に使いこなせてる?意外な電子レンジの活用法

001

家電製品の中でも電子レンジの普及率は大変高く、96%を超えているとも言われています。
こうした電子レンジの普及率の高さを反映して、電子レンジで温めるだけで食べることができる冷凍食品をはじめとした食品が数多く販売されています。
けれども、電子レンジには食品を温めたりするだけではなく、他にもさまざまな使い方があるのをご存じでしょうか?

そこで、電子レンジの意外な活用方法について探ってみることにしましょう。

◆電子レンジの普及が与えた影響

まずは、電子レンジが現在のように9割を超える普及率になったことで、何が変わったのか確認しておくことにしましょう。
家電製品の普及が浸透することは、普段の生活に大きな変化がもたらされることになります。
現在、家電製品の中で普及率が9割を超えているものは、冷蔵庫、テレビ、電子レンジなどがあります。

エアコンはほぼ9割の普及率と言われていますが、昨今の猛暑で普及率は上昇しているかもしれません。
こうした家電製品の普及率は、実はさまざまな商品や製品の開発を含んだマーケット戦略を大きく左右していると言われています。

冷蔵庫と電子レンジの普及率が進んだことで、電子レンジで加熱することで食べることができる冷凍食品の種類や数が大幅に増えて来たと言えるでしょう。
また、コンビニに行けば、お弁当を温めるためにどこのコンビニにも電子レンジが用意されていますので、いわゆるコンビニ弁当の普及にも電子レンジは大きく貢献していると言えるかもしれません。

最近では単機能電子レンジと言われている、「温める」「ゆでる」「煮る」の機能だけのタイプのものの普及率が上昇しているそうです。最近では、ターンテーブル式のものよりもフラットテーブル式のものが主流になりつつあるようです。

◆電子レンジの裏技

単機能電子レンジをお持ち方もいれば、オーブンレンジをお持ちの方もいると思いますので、単機能電子レンジを使った裏技についてお伝えしたいと思います。

どんな裏技があるのか早速見てみることにしましょう。

002

佐藤 千尋

佐藤千尋
宮崎県のライターで執筆歴は3年。家事歴10年の経験を活かして、皆さんに役だつ情報を提供できれば幸いです。