2019.07.18

トーストだけではない!トースターでこんな料理も

001

毎朝の食卓にトースターを欠かすことのできないご家庭は多いのではないでしょうか?

トースターのダイヤルメニューを見ると、トースト機能以外にもいくつかのメニューが書かれていますが、それらの機能をフルに活用している方は意外に少ないようです。
けれども、トースターを使えば、短い時間で簡単に1品追加することが可能です。

そこで、今回はトースターを使った便利なメニューをご紹介すると共に、最近のトースター事情についてもご紹介することにしましょう。

 

◆最近のトースター事情

まずは、最近のトースター事情について見てみることにしましょう。

トースターには、ポップアップ式のものとオーブン式のものがあります。
ポップアップ式のものは、トースター機能専用のものですが、短時間でトーストが出来上がるためロングセラー商品として根強い人気があるようです。
オーブン式のものはトースト以外の料理も作ることが可能なタイプになります。
最近のオーブン式トースターには、マイコン制御が搭載されたものやスチーム機能搭載のものなどが増えて来ています。
また、加熱方式もトースター内にファンが設置され、熱が庫内に満遍なく行きわたることで、食材への加熱のムラがない「コンベクション式」のものも多くなっているようです。
そして、こうしたさまざまな機能が搭載されることで、トースターの調理機能が多彩になって来ているのが、オーブン式トースターのトレンドになっているようです。
そのため、オーブン式トースターの価格帯も搭載されている機能によって大きく違って来ています。数千円のものから2万円超えのものまで多岐にわたっています。

オーブン式トースターのトレンドについて見てきましたが、多彩な調理機能がついていなくてもトースターの「焼く」という機能を使って作ることが出来る簡単便利メニューはたくさんありますので、いくつかご紹介しておくことにしましょう。

◆焼き色が食欲をそそる「ピーマンの肉詰め」

トースターを使った簡単レシピとして、まずは、こんがりとした焼き色が食欲をそそる「ピーマンの肉詰め」のレシピをご紹介しましょう。

材料(2人分)は、ピーマン2個、挽き肉150g、パン粉 1/4カップ、玉ねぎ1/6個、卵1/2個、パルメザンチーズ 大さじ2、塩 小さじ1/3、小麦粉少々、ケチャップ適量になります。
※挽き肉はお好みで豚、牛、鶏、合い挽きの中からお選びください。

作り方は、とても簡単です。

1.ピーマンはヘタと中のタネを取り、横半分に切り、内側に小麦粉をまぶします。
2.玉ねぎはみじん切りにします。
3.ボールに2、挽き肉、パン粉、卵、パルメザンチーズ、塩を入れてよく混ぜ合わせます。
4.3を4等分にし、1に詰めます。
5.トースターのプレートにアルミホイルを敷き、その上に4を並べて入れて約10分焼きます。
6.5に、こんがりと焦げ目がついたら、トースターを開けて5に竹串を刺して火の通り具合を確認します。必要に応じてアルミホイルを上にかけて3分~5分追加加熱してください。
7.完成したらトースターから取り出して、お好みでケチャップをかけて召し上がってください。

※味に変化をつけるために、3にカレー粉を加えるのもおススメです。
※トースターのプレートにアルミホイルを敷いておくことで、片づけの手間も簡単になります。

002

佐藤 千尋

佐藤千尋
宮崎県のライターで執筆歴は3年。家事歴10年の経験を活かして、皆さんに役だつ情報を提供できれば幸いです。