2019.09.03

麦茶で食パンが絶品トーストに!?「麦同士のコラボに妙に納得!」

インスタントや加工食品など、様々な場面で活躍する“既製食品”。普通に調理しても美味しいですが、ちょっとしたひと手間でさらに味が上がるのをご存知ですか? 今回は8月7日放送の『家事ヤロウ!!!』(テレビ朝日系)で話題になった「既製品の伸びしろレシピ」をご紹介します。

 

食パンを外カリ中ふわに仕上げる意外な方法とは?


最初に登場したのは、麦茶を使って食パンを“外カリ中ふわ”に仕上げる方法。あらかじめ霧吹きに麦茶を入れておき、パンの両面に6回ずつ吹きかけます。後はトースターで3分間焼けば完了。大麦を原料としている麦茶は食パンの小麦と相性がよく、香ばしさをプラスしてくれるのだそう。

 

この手法のポイントは、麦茶をかけることでパンが蒸し焼きになるところ。パンの表面は中身と比べて早く温度が上がり、「外カリ中ふわ」のパンが完成します。実は仕組み的には、最近人気の「バルミューダ」のトースターに近いメカニズムなのだとか。あまりにも簡単なレシピにバカリズムさんは「バルミューダ潰しだ」と驚きの様子でした。バルミューダのトースターを使用しているというKAT-TUNの中丸雄一さんも、「すげぇ!」「外カリカリ」とご満悦です。

 

>>NEXT まだまだある! 既製食品をワンランクアップさせる裏技

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。