2019.09.03

結局、昔ながらの家事が一番!?私に向かなかった時短術

最近の家電や技術は、めざましい進化を続けています。しかし自分のライフスタイルと合致するかは、使ってみないとわかりませんよね。中にはあえて古いものや安いものに戻した主婦も多いようですよ。

 

ハイテクすぎて使い勝手が悪い…


様々なものが便利になっていく世の中ですが、自分に合ったものを探して“昔のスタイル”に落ちつく人も。特に家電は好みが分かれるようで、「買って損した」「高性能だけどあまり使いどころがない」という声も上がっていました。例えば乾燥機能つきのドラム式洗濯から、普通の縦型洗濯機に戻したという主婦。「壊れたのをきっかけに、縦型洗濯機を買いました。ドラム式洗濯機の乾燥機能を使うよりも、お日さまで乾かしたほうがキレイになる気がして…」と理由を明かしています。

 

他にも、「うちがすぐに使わなくなったのはセラミックヒーター。電気だけで温風が出る機能は便利だけど、代わりに電気代がかさむ。昔ながらの石油ストーブで十分だった」「サイクロン式の掃除機を使ってたけど、吸ったゴミを見たくなくて紙パック式に。慣れ親しんだ掃除機なので、お手入れが楽に感じる」といった経験があげられました。

 

高性能すぎるせいで、ライフスタイルとマッチしなかったものもあるようです。「SNSに疲れてガラケーに買い替えた。私みたいな人って周りにも結構いるよ」「便利だからと夫が買ってきたスマートスピーカー。はじめは面白がって使ってたけど、ちょっとした物音や声に反応してウザい」などの声が。

 

>>NEXT 結局昔ながらの方法が1番?

長谷部ひとみ

夫の両親と息子と娘、キュートすぎる柴犬との6人+1匹暮らし。バスガイドから心機一転、ライターとして活動中。岩手県の実家に帰ると、その後1週間ほどは訛りが抜けないのが悩み。数学が大の苦手で息子に教わっている。