2019.08.12

襟の黄ばみは洗顔料で落ちる!?驚異の洗濯テクに「まさか…」

汗ばむ今の時期は、蓄積されていく服の黄ばみが気になりますよね。洗濯してもなかなか取れずに、諦めてしまった人も多いのではないでしょうか? 今回は夏に大活躍する、洗濯の必須知識を紹介していきましょう。

 

「魔法水」を使ってシミを一網打尽!


洗濯が上手くいかずに悩んでいる主婦からは、「黄ばんだ皮脂汚れが何度洗濯しても落ちない…」「自己流でシミ抜きしてるけど、正しい方法ってあるのかな?」といった声が相次いでいます。

 

先日放送された『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ! 優越館』(テレビ朝日系)では、全国のクリーニング店にシミ抜きを指導する横倉靖幸さんが登場。洗濯についてのお悩みを、次々と解決してくれました。

 

はじめに紹介されたのは、家庭でシミ抜きができる「魔法水」。手ごろな容器に小さじ1杯の重曹と、小さじ3杯の衣類用酸素系漂白剤を投入します。あとは食器用中性洗剤を3滴加え、5回程度混ぜ合わせるだけで完成。

 

実際にできあがった魔法水を使っていきましょう。まずはシミがついた布の下に、タオルを敷きます。魔法水をつけた歯ブラシでシミをトントン叩くと、布についた汚れが見違えるほどキレイになりました。その代わりタオルにシミが移っていきますが、横倉さんは「敷いたタオルのシミもどんどん透明になっていく」と説明。タオルが使えなくなる心配はありません。

 

>>NEXT 黄ばんだ襟をキレイにする方法

長谷部ひとみ

夫の両親と息子と娘、キュートすぎる柴犬との6人+1匹暮らし。バスガイドから心機一転、ライターとして活動中。岩手県の実家に帰ると、その後1週間ほどは訛りが抜けないのが悩み。数学が大の苦手で息子に教わっている。