2019.06.16

歯磨き粉のラストはどう絞り出す? 節約に効く使い切りテクニック

20190613tukaikiri01日用品や食材などが少しだけ余ってしまった場合、「面倒くさいから捨てちゃう」という人もちらほら。そこで今回は、様々な“使い切りテクニック”をご紹介。一回一回の恩恵は微々たるものですが、塵も積もれば山となるかもしれません。

 

歯磨き粉を最後まで使い切るには?


まずは定番の“チューブ”を最後まで使い切る裏技。ラストのひと絞りがなかなか面倒くさいチューブの歯磨き粉なども、ちょっとした工夫で使い切れます。有名なのが“空気を入れて振る”という方法。チューブの出口から息を入れて膨らまし、反対側を持ってブンブン振れば中身を出しやすくなるそうです。

 

その他“ハサミで切ってしまう”という方法もあり、出口とは反対側の部分を広く切れば最後の“絞り出し”が簡単に。またネット上では、「最近は“チューブ絞り器”が色々なところで売ってるからそれを使ってる」という声が寄せられていました。例えば「東急ハンズ」には、「チューブ絞り器 チューブゼロ」というチューブを絞るための専用器具が。チューブを差し込んでグッと押すだけで、簡単に中身を絞り出せます。

 

お次は“ファンデーション”の使い切りテクニック。何も考えないで使っているとふちの部分にだけファンデーションが残り、使い勝手が悪いので捨ててしまう人も多いようです。そんな真ん中がぽっかり空いたファンデーションも、2つ合わせれば再生可能。まず1つ目のファンデーションをピンなどで砕きます。そしてもう一方のファンデーションの真ん中に砕いたものを入れ、ティッシュで上から押さえつければ真ん中の部分が修復。毎回同じファンデーションを使っている人は、試してみてはいかがでしょうか。

 

>>NEXT 余りがちな“大根のつま”を有効活用するには?

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。