2019.08.21

かけるだけで料理が完成!”万能たれ”レシピ

8-1

市販のたれには、焼肉のたれ、すき焼きのたれ、生姜焼きのたれ、味噌だれ、ごまだれなどがあり、料理に合わせてさまざまなたれが用意されています。
とても便利なのですが、お料理ごとにたれを用意するのは大変ですよね。いろいろな料理に応用することができるたれがあればとても便利だと思ったことはありませんか?
今回は、いろいろな料理に使うことができて簡単に作れる「万能たれ」をご紹介しましょう。


◆万能たれとして人気の市販のたれ

まずは、万能たれとして人気の高い市販のたれにはどんな種類のものがあるのかチェックしておくことにしましょう。

●焼肉のたれ
焼肉のたれはしょうゆをベースにして作られた万能たれとして人気があります。焼肉のたれを使ったレシピをチェックしてみると実にたくさんのレシピを見つけることができます。
野菜炒めの味付けに使ったり、豆腐ハンバーグやハンバーグステーキのソースや卵かけごはんのしょうゆ代わりに使ったりしている方もいるようです。炊き込みご飯の味付けにも使われているようです。

●味噌だれ
味噌をベースにして作られた味噌だれも万能たれとして人気があります。
味噌だれは、炒めものや和え物に使うことができます。具材も肉、魚、野菜どの具材にもピッタリのたれのようです。
味噌だれを使ったレシピを確認してみると、味噌田楽やふろふき大根などの定番メニュー以外に、生春巻きやサラダ、野菜や肉などの炒め物にも使われています。中にはトーストに味噌だれを使ったレシピなどもあります。おにぎりにも味噌だれはよく使われています。

●ごまだれ
ごまだれは、すりごまに砂糖・酢・醤油等を加えて作られたタレになりますが、鍋物だけでなくつけ麺のタレやサラダのドレッシングなどにも使われています。ごまだれも、肉、野菜、魚どの具材とも相性がよい上に、ごまの香りの良さも手伝って人気の高い万能たれのひとつになります。
ごまだれを使ったメニューとしては、棒棒鶏や冷やし中華などが定番メニューと言えるでしょう。ほうれん草などのような野菜のごま和えなどのメニューも豊富にあります。


◆しょうゆベースの万能たれ

市販のたれの中でも万能たれとして人気の高い、しょうゆをベースにして作る万能たれの作り方をまずは、ご紹介しておくことにましょう。

●するめの風味がプラスされた万能たれ
煮込んだりする必要もありませんので、とても簡単につくることができます。

材料: しょうゆ 500㏄、にんにく 1かけ、するめ ひとつかみ

作り方:
1.にんにくを粗みじん切りにします。
2.ふたがついた保存瓶に1を入れます。
3.するめを粗みじん切りにして、2に加えます。
4.3にしょうゆを加えてふたをして保存します。

しょうゆをベースにした万能たれは、そのままで使ってももちろんOKですが、料理によって材料をひとつプラスするだけで、応用範囲をさらに広げることが可能です。
最近では、生姜や梅肉などもペースト状のものが販売されていますので、この万能たれに生姜ペーストや梅肉ペーストを加えるだけで、味の変化を楽しむことができます。

●さっぱりレモン風味の万能たれ
レモンのしぼり汁を使うことで、さっぱりとした風味の万能たれになります。

材料: しょうゆ 1カップ、砂糖 2分の1カップ、酒 大さじ2、レモン 2分の1個

作り方:
1.レモン汁をしぼります。
2.鍋に、1、しょうゆ、砂糖、酒を入れて火にかけます。
3.ひと煮たちしたら、火を止めます。
4.3を冷まし、ふたのついた保存容器に入れます。

佐藤 千尋

佐藤千尋
宮崎県のライターで執筆歴は3年。家事歴10年の経験を活かして、皆さんに役だつ情報を提供できれば幸いです。