2018.11.09

衣類を傷めず時短も叶う!AQUAが「タテ型洗濯乾燥機」を新発売

GTW100G設置イメージ

アクア株式会社(AQUA)が11月14日、”衣類のアンチエイジング”をコンセプトにしたタテ型洗濯乾燥機「GTWシリーズ」を発売します。同商品は洗濯による衣類へのダメージ軽減を実現。大切な服を丁寧にケアしたいママ、注目の最新家電です!

 

AQUA「GTWシリーズ」働くママへの3つのポイント

 

1.傷みは抑えても、汚れはしっかり落とす!「NEWシンクロ洗浄」


「GTWシリーズ」は今回新たに「NEWシンクロ洗浄」の3つの工程を採用。布傷みを抑えながら汚れをしっかり洗浄(=衣類のアンチエイジング)ができるよう開発されました。忙しいママにとって、”手洗い”や”浸け置き洗い”などの手間を少しでも減らせるのはありがたいですよね!

 

NEWシンクロ洗浄 1「高濃度クリーン浸透」

低水位時から洗濯槽の底の羽根(パルセーター)を回転させ、繊維の奥まで洗剤液を浸透させます。

 

NEWシンクロ洗浄 2「W反転水流」

洗濯槽と洗濯槽の底の羽根(パルセーター)がそれぞれ逆に回転し、衣類の入れ替わりを促進。汚れをしっかり落とす水流を生み出します。

 

NEWシンクロ洗浄 3「スパイラルシャワー」

洗濯槽上部から洗剤液のシャワーをそそぎ、洗剤液を繊維の奥まで浸透させて念入りに洗います。さらに、洗い行程の最後には洗濯槽の遠心力で衣類の汚れをしっかりと振り落とします。

 

2.洗濯〜乾燥までの時間は25%(※1)もカット!


働くママにとって、毎日の家事にかかる時間は少しでも減らしたいもの。けれど、いくら洗濯・乾燥が早く終わっても、お気に入りの洋服が傷んでしまったら…がっかりしてしまいますよね。タテ型洗濯乾燥機「GTWシリーズ」は傾斜が異なる羽根を採用することで衣類を浮かせて乾燥させ、ふんわりとした仕上がりに。さらに、洗濯から乾燥までの時間が従来品よりも25%(※1)時短を実現しています。

※1:AQW-GTW100G 洗濯~乾燥時 運転目安時間(標準コース)約179分と、当社従来品「AQW-TW1000F」洗濯~乾燥時 運転目安時間(標準コース)約240分との比較。

NEWツインパルセーター

▲傾斜が異なる羽根「NEWツインパルセーター」。洗濯時にはメリハリある水流を、乾燥時には衣類をふわっと浮かせ、広い洗濯槽内で衣類の入れ替わりをよくしてくれる。

 

>>NEXT 機能面だけじゃない! シンプルライフも叶えるもう一つの特徴とは!?

さくまえり

フリーランス。
主に料理や掃除、家計管理の取材、原稿執筆を行う。
2018年に第一子を出産し、子育て奮闘中。