コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

数ある電気圧力鍋の中で象印「自動圧力IHなべ 煮込み自慢」を推す理由

家事

2019.04.14

圧力モードを使い分けて下茹でから煮込みまでを一台で完結


EL-MB30は「自動圧力IHなべ」という名称どおり、電気で使える圧力鍋です。圧力モードは2種類あり、気圧の調整をせずに1.2気圧でキープする「一定圧力」モードと、1.2気圧の加圧を加えて食材を柔らかくしてから、1.0気圧で内なべに対流を起こして食材に味を染み込ませる「可変圧力」モードが選べます。

4人分の角煮の場合は、一定圧力で約35分下茹でし、一旦豚肉を水で洗ってきれいにしたら、豚肉と調味料を内鍋に戻して「可変圧力」で調理するという作り方です。

象印「自動圧力IHなべ 煮込み自慢 EL-MB30」の調理シーン

▲下茹ででしっかり加圧することで、味が染み込みやすくなる

ちなみに、一定圧力で下茹でをする際は自分で時間を設定しないといけませんが、可変圧食を加える際は、レシピブックのメニュー番号を入力するだけで、自動で時間を設定してくれます。角煮の場合は、沸かしに約15分、調理に約1時間10分がかかるので、下茹での時間を加味しても約2時間で完成するんです。

しかも、調理中は何もしなくていいので、その間に別のおかずを作ったり、洗濯物をたたむなど別の用事ができるのがありがたいですね。肉じゃがなど一部のレシピは最長12時間前からの予約調理にも対応しているので、朝起きて材料をセットしておけば、帰宅したときにはおかずが1品完成しているという、忙しい主婦にとっては”魔法の鍋”でもあります。

落しぶたやかき混ぜをしなくてもとろとろの角煮が完成


可変圧力での調理を開始して1時間25分、ようやく豚の角煮が完成です。かき混ぜる棒などが付いているわけでもないのに、ちゃんと全体に味が染み込んだとろとろの角煮は、正直、これまで作っていた渾身の力作とほぼ遜色がないレベル。むしろ、自分でイチから作ると毎回仕上がりにムラがありましたが、これならいつでも同じクオリティで作れるというのも強みです。

象印「自動圧力IHなべ 煮込み自慢 EL-MB30」で作った豚の角煮▲これまで何時間もかけて作っていた角煮がたった2時間で完成

しかも味がしっかり染みていてるので家族全員が満足できるはず

今回は肉料理を作りましたが、もちろん魚の煮付けを作ったり黒豆を炊いたり、さらには無水調理に加え、ヨーグルトや甘酒などの発酵料理も作れます。手動で調理時間を設定して、家庭ごとの味を生み出すことも可能です。

カレーなど匂いの強い煮込み料理を作ったあとは「クリーニング」機能を使えばOK。長く使うからこそ、手入れのしやすさも大切です。

2017年9月に発売したモデルなので、現在は3万円前後で販売されています。この価格帯であれば、毎日の食事作りをラクにするための出費として検討の余地があるのでは? 「自動圧力IHなべ 煮込み自慢 EL-MB30」でぜひ家事にかけるエネルギーの”省エネ化”を実現してみてください。

象印 自動圧力IHなべ 煮込み自慢 EL-MB30

サイズ:幅29×高さ25×奥行き37.5cm

最大調理容量:1.5L

消費電力:1200W

http://www.zojirushi.co.jp/syohin/ih-atsuryoku/sp_elmb/

文/今西絢美 撮影/篠田麦也

2 / 2 ページ
あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【時短・人気家電】その他の記事

時短・人気家電
もっと見る