コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

肉魚がまるで炭火で焼いたよう!アラジンの家庭用グリラーの実力

家事

2019.06.20

20190620gura01

日本エー・アイ・シー株式会社が、「アラジン グラファイトグリラー」の2019年新モデルを“量販店モデル”と“百貨店モデル”の2タイプで発売。世界初搭載の「遠赤グラファイト」で、食材を炭火で焼いたようにグリルできます。

 

煙・油・ニオイを気にせず調理できるグリラーがリニューアル!


「アラジン グラファイトグリラー」は2017年の発売以来、「煙」「油」「ニオイ」を気にせず調理できる“新発想の家庭用グリラー”という新しいカテゴリーを確立。大ヒット商品が、より多様なニーズに応えてリニューアルされました。

20190620gura02

 

株式会社千石による特許技術「遠赤グラファイト」とは、ポリイミドシートをグラファイト結晶化した素材。フライパン(伝導熱)とは異なり余計な熱を与えず、肉をふっくら焼き上げます。

 

20190620gura03

従来のホットプレートはプレートに落ちた脂が熱せられて「イヤな煙」が発生しましたが、同商品はプレート下にある水トレイが煙・油の飛び散りを防止。食材を焼いてもニオイが出にくい構造になっています。

 

20190620gura04

また焼き物以外にも炙り料理・干物や、おつまみ・スイーツなど幅広い料理が調理可能。独自のスリット加工を施されたプレート(3D曲面形状)が余分な脂をカットし、ヘルシーな仕上がりに。色々なレシピを1台で楽しめるのも「アラジン グラファイトグリラー」の特徴です。

 

>>NEXT 量販店モデルと百貨店モデルの特徴を紹介!

1 / 2 ページ

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【時短・人気家電】その他の記事

時短・人気家電
もっと見る