コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

タレも簡単に作れる!?冷やし中華レシピ「美味しさのコツが意外と盲点だった!!」

家事

2021.07.04

タレも簡単に作れる!?冷やし中華レシピ「美味しさのコツが意外と盲点だった!!」

今年も、おうちで冷やし中華、始めませんか?

 

冷たい麺に野菜や卵などをたっぷりのせ、さっぱりと食べられる冷やし中華は、夏のド定番メニューですが、この時期になるとやっぱり食べたくなりますよね。

 

とはいえ、毎回同じ食材の組み合わせで添付のつゆをかけるだけだと、家族も自分も飽きちゃいませんか?そこで今回は具材の組み合わせと、手作りのつゆをご紹介します。

 

使うのは、トマトとオクラ、ツナ、温泉卵です。シンプルですが、トマトの酸味にツナのコク、そしてとろっとした温泉卵がよく合います。オクラの緑も入って見た目も食欲をそそります。

 

つゆは、定番のしょうゆベースですが、酸味が抑えられていて食べやすいのが特徴です。ごま油の風味が効いています。

 

そしてここからが美味しく作るコツですが、意外と盲点なのが麺の水きりです。

 

普段、麺を茹でたらザルに上げて、冷水で冷やし、ザルを何回かふったら終わりにしてしまっていませんか?それでは水きりが甘く、せっかくのつゆが薄まって、味がぼやけてしまいます。

 

ぜひ最後に麺をぎゅっとザルに押しつけてください。しっかり絞ると余分な水が結構出てきますよ。これでタレの味がしっかり絡まって、メリハリのある味に仕上がります。

麺の水気をしっかりきると格段においしくなる

材料(2人分)

冷やし中華用麺
2玉
トマト
1個
オクラ
4本
ツナ缶
小1缶
温泉卵
2個
A|しょうゆ・酢・砂糖
各大さじ3
A|酒
大さじ1
ごま油
小さじ1

作り方

1. トマトは1〜2cm角に切る。オクラは塩少々(分量外)をふって軽くもむ。ツナ缶は軽く油をきる。

2. ボウルにAを混ぜ合わせ、ラップをせずに電子レンジ600Wで2分ほど加熱する。ごま油を混ぜ合わせ、冷蔵室で冷やしておく。

3. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、麺を袋の表示時間通り茹でる。残り2分でオクラを入れて一緒に茹で、ザルに上げてオクラは水にさらし、麺は流水の下で軽くもみ洗いする。それぞれしっかり冷えたら、麺は手で押さえるようにしてしっかり水きりする。オクラは小口切りにする。

4. 器に麺を盛り、トマト、オクラ、ツナ、温泉卵をのせる。②をかけていただく。

取材・文/田川志乃 料理・スタイリング・撮影/田頭志保

KEYWORDS関連キーワード
あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【簡単レシピ】その他の記事

簡単レシピ
もっと見る