コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

手羽中とあさりのワイン蒸しレシピ「1滴残らず飲み干したいスープ」

家事

2021.06.20

手羽中とあさりのワイン蒸しレシピ「1滴残らず飲み干したいスープ」

こちらは、たっぷりのキャベツにあさりと鶏の手羽中を加えて煮込んだレシピ。

 

シンプルな味付けながら、魚介と肉からダブルで旨みが溶け出していくので、なんとも贅沢な味わいが楽しめます。一滴残らず飲み干したくなるスープです。そしてそのスープに浸ったキャベツもたまりません!

 

食べている最中にあさりがじゃりっとすると、せっかくの料理がちょっと残念な感じになってしまうので、砂抜きはしっかりしましょう。

 

通常、スーパーでは、あらかじめ砂抜きされたあさりが売られていますが、砂が残っていることもあるため、調理前に家でも砂抜きした方が安心です。

 

砂抜きの仕方は、バットにあさりを重ならないように入れて、塩水を入れ、暗くします。空気穴を開けたアルミホイルで覆うといいですよ。でも、そもそも新鮮でないと砂を吐かないのだとか。まずは口が開いていない、新鮮なあさりを選びたいですね。

あさりの砂抜きをするときは暗くしてあげる

材料(2人分)

手羽中
8本
殻付きあさり
150g
キャベツ
1/4個(約300g)
にんにく
1片
オリーブオイル
大さじ1
塩・こしょう
各適量
A|水
200ml
A|塩
小さじ1
B|白ワイン・水
各50ml

作り方

1. あさりは殻と殻をこすり合わせるようにして洗い、Aにつけて砂抜きをする。手羽中は塩・こしょうをふる。キャベツは大きめのひと口大に切り、にんにくは包丁の腹などで潰す。

2. フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて中火で熱し、香りが立ってきたら手羽中を入れて焼く。表面がこんがり焼けてきたらBを入れ、沸いてきたらキャベツ、あさりを入れる。蓋をして、7〜8分煮る。あさりの口が開いたら塩・こしょうをして味を整える。

取材・文/田川志乃 料理・スタイリング・撮影/田頭志保

KEYWORDS関連キーワード
あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【簡単レシピ】その他の記事

簡単レシピ
もっと見る