コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

羽根つき餃子レシピ「焼き方で失敗しないたったひとつのコツ」

家事

2021.01.06

2021.02.12

羽根つき餃子レシピ「焼き方で失敗しないたったひとつのコツ」

晩ご飯のおかずが餃子なら、普通の餃子でもテンション上がるのに、黄金色に輝くパリッとした羽根がついていたらもうテンションあがりっぱなしですよね。羽根つき餃子にビールなんて、もう最高すぎます。

 

そんな羽根つき餃子をおうちで作ってみませんか?一見難しそうですが、思いのほか簡単なんです。

 

餃子に焼き色をつけるところまでは通常どおり。変えるのは、蒸し焼きにする際の差し水を小麦粉入りのぬるま湯にするところだけです。

 

焼き方のコツは、蒸し焼きにしたあと水分をきちんと飛ばすこと。水分が残っているとベチャッとした餃子になってしまうので、ご注意ください。ふちが剥がれてきたらごま油を回しかける合図です。これでパリッとした羽根ができます。焦げ付きにくいフッ素樹脂加工のフライパンで作るとうまくいきやすいです。

 

こちらのレシピは、羽根にも鶏ガラスープの素で味付けをしているので、羽根だけでも美味しく食べられます。

 

華やかな羽根つき餃子で、週末は家族で餃子パーティなんていかがですか?

パリッとした羽根にも味がついています

材料

(約25個分)
餃子の皮
25枚
豚ひき肉
150g
キャベツ
1/6個(約200g)
ニラ
1/2束
A|しょうゆ・酒
各大さじ1
A|砂糖・ごま油・おろししょうが
各小さじ1
A|おろしにんにく
小さじ1/2
A|塩
小さじ1/4
B|小麦粉
大さじ2
B|鶏ガラスープの素
小さじ1
B|ぬるま湯
200ml
ごま油
大さじ3

作り方

1. キャベツはみじん切りにし、ニラは小口切りにする。キャベツに塩少々(分量外)をふって軽く混ぜ、10分ほどおき、出てきた水けをしっかりと絞る。

2. ボウルにひき肉とAを入れて粘りけが出るまでこね、①を加えて混ぜ合わせる。

3. 餃子の皮を片手に置き、皮の中央に②を広げるようにのせる。皮のふちに水をサッと塗り、半分に折って端からひだを作りながら包む。これを25個作る。

4. ボウルにBを混ぜ合わせる。

5. フライパンにごま油大さじ1を入れて中火で熱し、③の半量を円形に並べる。うっすらと焼き色がついてきたら④の半量を入れて蓋をし、7〜8分ほど蒸し焼きにする。蓋をあけてまだ水分が残っているようなら水分を飛ばす。ふちが剥がれてきたらごま油大さじ1/2を鍋肌から回し入れて、ふちがカリっとしてきたら火を止め、器に盛る。これをもう一つ作る。

他のひき肉レシピもチェック!

取材・文/田川志乃 料理・スタイリング・撮影/田頭志保

KEYWORDS関連キーワード
あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【簡単レシピ】その他の記事

簡単レシピ
もっと見る