コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

剥がれないピーマンの肉詰めレシピ「えっ、たったそれだけで!?」

家事

2021.01.09

2021.02.12

剥がれないピーマンの肉詰めレシピ「えっ、たったそれだけで!?」

晩ご飯のメインにも、お弁当にも重宝するピーマンの肉詰めですが、長年、ピーマンと肉が離れてしまう問題に悩まされてきました。

 

その原因は肉が縮むからだそうです。つまり、これこそが肉とピーマンが口の中に運ばれる前に離れ離れになる問題点。そこで今回は、肉だねの作り方、詰め方、焼き方それぞれのプロセスで大事なポイントをご紹介します。

 

まず、肉だねには、パン粉と牛乳を入れてしっかりこねます。パン粉と牛乳は、肉の縮み防止だけでなく、食感を柔らかくジューシーにしてくれます。そしてピーマンの隅々までしっかり詰めて表面はこんもりさせます。それを肉の表面に焼き目がつく程度に焼いてから、ひっくり返して、弱火でじっくり焼きます。焼き過ぎも剥がれの原因になりますので、注意が必要です。

 

たったこれだけで、見た目も食感もいいピーマンの肉詰めができます。

 

フライパンに残った肉汁を使って作るソースも、簡単なのに甘みと酸味、旨み、コクなどが合わさった奥行きのある味わいで、ピーマンの肉詰めをいっそう美味しくしてくれます。これならピーマンが苦手な子どもも食べてくれそうです。

パン粉と牛乳入りでやわらかい食感になります

材料(2人分)

ピーマン
6個(約200g)
玉ねぎ
1/2個
A|合いびき肉
400g
A|パン粉
大さじ3
A|牛乳
大さじ2
A|塩・こしょう
各適量
B|ケチャップ
大さじ2
B|ウスターソース
大さじ1
B|バター
10g
オリーブオイル
大さじ1/2

作り方

1. ピーマンは洗って縦半分に切り、種と白い筋を取る。内側に水けがあれば拭きとる。玉ねぎはみじん切りにする。

2. ボウルにひき肉とAを入れて粘りが出るまで2分ほどかけてしっかりこねる。玉ねぎを加え混ぜ、全体が混ざったら12等分する。

3. ピーマンに②を隙間がないように隅々まで詰め、表面は少しこんもりするくらいにする。

4. フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、③を肉を下にして並べる。1分ほど焼いて肉に焼き目がついてきたら裏返し、弱火にして蓋をする。10〜15分ほど焼き、中まで火が通ったら取り出す。

5. 同じフライパンにBを入れて中火で熱し、少しとろみがついたら火を止め、④にかける。

他のひき肉レシピもチェック!

取材・文/田川志乃 料理・スタイリング・撮影/田頭志保

KEYWORDS関連キーワード
あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【簡単レシピ】その他の記事

簡単レシピ
もっと見る