コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

照り焼きチキンレシピ「2日目はピザにするとまた美味しい」

家事

2020.12.20

2021.02.12

照り焼きチキンレシピ「2日目はピザにするとまた美味しい」

照り焼きとは、醤油ベースの甘いたれを食材の表面に塗りながら焼き上げる日本の料理法。今ではその味が海外でもうけ、「TERIYAKI SOURCE(テリヤキソース)」なるものが逆輸入されて店舗で売られていたりもするほどです。

 

皮面をパリッと焼き上げたジューシーな鶏もも肉との相性もバツグンなのは言わずもがな。ただ、材料も調理法もシンプルだからこそ、ちょっとのことで出来に差がつきます。

 

美味しく作るためには、何より鶏肉の焼き方が重要です。

 

油は引かずに皮目から焼き、ヘラで押さえながら焼くと均等に火が入り、皮目全体にきれいな焼き色がつきます。また、厚みのある部分の生焼けを防ぐこともできます。

 

調味料を加える前に、鶏から溶け出した余分な脂はキッチンペーパーで拭きとりましょう。これでちょっと気になるあの臭みをとることもできます。

 

テリヤキチキンといえば、ピザでも人気のメニューですが、今回はアレンジ向きの味付けにしています。晩ごはんのおかずで余ったら、翌朝は食パンにたれと刻んだ鶏肉をのせ、マヨネーズとピザ用チーズをたっぷりかけてトースターへ!

 

あぁ…1度で2度美味しいとはこのための言葉だったんですね。

肝心なことは、皮目をパリッと焼くことです

材料(1人分)

鶏もも肉
1枚(約250g)
ズッキーニ
1/4本
パプリカ
1/4個
ミニトマト
2個
A|しょうゆ・みりん・酒
各大さじ1
A|砂糖
大さじ1/2

作り方

1. 鶏肉は余分な脂や皮があれば取り除く。肉の厚い部分は切り目を入れて開き、厚さを均一にする。ズッキーニは縦4等分にし、パプリカはひと口大の乱切りにする。

2. ボウルにAを混ぜ合わせる。

3. フライパンに鶏肉の皮目を下にして入れ、空いたところにズッキーニとパプリカを入れる。中火で熱し、鶏肉はときどきヘラで押さえながら5〜6分焼くと皮目がパリッと焼け、全体に火が入りやすい。出てきた脂はキッチンペーパーなどで拭きとることで、臭みをとることができる。皮目全体に焼き色がついたら裏返す。野菜は焦げるようであればここで一度取り出す。

4. 裏返してから2〜3分焼き、8割ほど火が通ったら野菜をすべて入れ、②を加える。たれを野菜や肉にかけながら煮詰めていき、しっかりとろみがついてきたら具材を取り出す。肉は食べやすい大きさに切り、器に盛る。

他の鶏肉レシピもチェック!

取材・文/田川志乃 料理・スタイリング・撮影/田頭志保 

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【簡単レシピ】その他の記事

簡単レシピ
もっと見る