注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

肉専門店の社長が“旨みたっぷり”すき焼きを伝授!「余ったご飯はリゾットに」

家事

2020.07.13

家庭によって毎日の献立は違いますが、“食のプロ”はどのようなメニューを食べているのか気になりませんか? 5月放送の『ZIP!』(日本テレビ系)では、食の仕事に携わる社長たちの“おうちご飯”を調査しました。

焼肉店社長が伝授する「トマトすき焼き」

同番組には有名焼肉店「格之進」の社長・千葉祐士さんがリモート出演。肉を知り尽くした千葉さんが“おうちメシ”として取り上げたのは、牛肉をふんだんに使用した「トマトすき焼き」です。

 

用意する材料は意外とシンプルで、牛肉の切り落としとすき焼きの割下、トマトの3つだけ。トマトの“グルタミン酸”と牛肉の“イノシン酸”をミックスすれば、旨味の相乗効果を期待できるそうです。

 

作り方もとても簡単で、まず角切りにしたトマトに割下を投入。混ぜ合わせたものを弱火で約1分煮こみ、半分にカットしたミニトマトを足します。最後に牛肉を加え、肉に火が通ったら完成。

 

自身で調理した「トマトすき焼き」を食べた千葉さんは、満面の笑みを浮かべながら「ウマい」と自画自賛していました。余った汁の中に卵とご飯をプラスし、「リゾット」にアレンジするのもおすすめ。1度で2度楽しめるのが嬉しいですね。

 

>>NEXT 「出前館」社長のタンドリーチキンは10分で完成!

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【簡単レシピ】その他の記事

簡単レシピ
もっと見る