注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

隠し味のバターが絶妙! TOKIO・松岡昌宏さん考案の「バタまご丼」って?

家事

2020.06.22

テレビ番組などで、たびたび料理の腕前を披露しているTOKIOの松岡昌宏さん。最近は本格的なレシピに挑戦しているイメージですが、レパートリーの中には家庭で真似できるお手軽なレシピも。今回は、松岡さん流玉子丼のレシピをご紹介しましょう。

松岡さん考案“バタまご丼”の作り方

今年5月、ジャニーズの公式YouTubeチャンネル「Johnny’s official」にTOKIOの松岡昌宏さんが登場。「Johnny’s Smile Up ! Project」の一環として、簡単に作れる「バタまご丼」の作り方を教えてくれました。

 

「バタまご丼」は、シンプルな玉子丼をアレンジしたレシピ。まずは玉ねぎを刻んで、めんつゆと一緒にフライパンで炒めましょう。

 

玉ねぎがしんなりするまで約1~2分炒めたら、隠し味としてバターをひとかけら投入してください。北海道育ちの松岡さんにとって、バターはおなじみの調味料。調理中にも「やっぱりね、バターは醤油でも味噌でも塩でも合うんですよ」と説明しています。

 

バターが溶けた頃に、ボウルでざっくり溶いておいた生卵を追加。松岡さんは器用に白身が多めな部分を流し込み、残りの黄身はボウルに残していました。

 

そのままフライパンにフタをして、卵に火が通るまで待機。ある程度固まったら、残しておいた黄身を回し入れましょう。最後にもう1度フタをして蒸らしたら、あとは盛りつけるだけ。ご飯に乗せて刻み海苔をトッピングすれば完成です。

 

>>NEXT 具材は冷蔵庫の余りものでもOK!

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【簡単レシピ】その他の記事

簡単レシピ
もっと見る