コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

バンバンジー風明太マヨソースレシピ「野菜もどんどん食べられる」

家事

2020.01.06

食卓がぱぁっと華やかになるこちらは、明太マヨソースをかけたバンバンジー風のサラダ。ピリッと辛い明太子を、牛乳を加えたマヨネーズであえることで、濃厚すぎず、でもうまみもパンチもあるソースに仕上げています。

 

鶏ささみは電子レンジで加熱して手でほぐすだけなので、簡単&洗い物も少なく済みます。せん切りきゅうりの瑞々しい食感とトマトの酸味も相性よく、爽やかでたくさん食べられるサラダです。

 

PROFILE 田頭志保(たがしら・しほ)


フードコーディネーター・フォトグラファー。大学卒業後、新聞社にてカメラマンとして勤務。その後、料理と写真のテクニック、それに携わるフードコーディネーターの仕事に惹かれ、専門学校にて学ぶ。テレビや雑誌で現場技術を取得する傍ら、ロンドン〜中東での料理研究、写真活動を経て、現在フォトグラファー、フードコーディネーターとして活躍中。

 

取材・文/田川志乃 撮影/菅井淳子

バンバンジー風明太マヨソースのレシピ

材料(2人分)

鶏ささみ
4本(200g)
トマト
1個
きゅうり
1本
大さじ1
A 明太子
1腹
A マヨネーズ
大さじ2
A 牛乳
大さじ1/2

作り方

1. ささみは筋があれば取り除き、耐熱容器にのせて酒をふる。ラップをふんわりとかけ、電子レンジ(600W)で3分加熱する。そのまま蒸らし、あら熱がとれたら手で食べやすい大きさにほぐす。

2. トマトは5mm幅の薄切りにする。きゅうりはせん切りにする。

3. 明太子は薄皮に縦に切れ目を入れ、スプーンなどで中身をしごき出す。ボウルに入れて、Aを混ぜ合わせる。

4. 器に①、②を盛り付け③をかけていただく。

その他のマヨネーズレシピはこちらから

 

PROFILE 田頭志保(たがしら・しほ)


フードコーディネーター・フォトグラファー。大学卒業後、新聞社にてカメラマンとして勤務。その後、料理と写真のテクニック、それに携わるフードコーディネーターの仕事に惹かれ、専門学校にて学ぶ。テレビや雑誌で現場技術を取得する傍ら、ロンドン〜中東での料理研究、写真活動を経て、現在フォトグラファー、フードコーディネーターとして活躍中。

 

取材・文/田川志乃 撮影/菅井淳子

KEYWORDS関連キーワード

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【簡単レシピ】その他の記事

簡単レシピ
もっと見る