注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ねばねば丼レシピ「とろろ昆布の風味が効いた絶品の作り方」

家事

2019.11.06

2019.11.29

美容や健康にいいと言われるねばねば食材たっぷりのねばねば丼。軽めに食べられるので、朝ごはんにも遅めの夜ご飯にもおすすめです。

シャリシャリの長芋やつるっとしたいか刺しなど、それぞれ異なる食感もよく、とろろ昆布の風味も効いています。とろろ昆布は一気に混ぜようとすると固まりがちなので、少しずつとって他の具材と混ぜるとバランスよく食べられますよ。

とろろ昆布が効いた
ねばねば丼のレシピ


【材料(1人分)】

ご飯…茶碗1杯分

オクラ…2本

長芋…2cm

納豆…1/2パック

いか刺身用…20g

とろろ昆布…適量

しょうゆ…適量

 

【作り方】

1.オクラはまな板に置き、塩適量(分量外)をかけて手のひらで転がしながら繊毛を取る。小鍋に湯を沸かしてオクラを塩ごと入れてゆで、色鮮やかになったら冷水に取る。あら熱がとれたら水けをきり、ヘタを切り落として5mm幅の小口切りにする。

2.長芋は皮をむき、1cm角に切る。

3.器にご飯を盛り、材料をすべてのせ、しょうゆをかけていただく。

 

そのほかの丼ものレシピはこちら!

 

PROFILE 田頭志保(たがしら・しほ)


フードコーディネーター・フォトグラファー。大学卒業後、新聞社にてカメラマンとして勤務。その後、料理と写真のテクニック、それに携わるフードコーディネーターの仕事に惹かれ、専門学校にて学ぶ。テレビや雑誌で現場技術を取得する傍ら、ロンドン〜中東での料理研究、写真活動を経て、現在フォトグラファー、フードコーディネーターとして活躍中。

取材・文/田川志乃 撮影/菅井淳子

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【簡単レシピ】その他の記事

簡単レシピ
もっと見る