注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

夏でも”おいしく保てる”作りおきおかず【白身魚のハーブ漬け】

家事

2017.08.05

夏でも”おいしく保てる”作りおきおかず【白身魚のハーブ漬け】

オリーブオイルで魚をコーティング

材料(8人分)

白身魚切り身(かじきまぐろ、すずきなど)
8切れ
Aオリーブオイル・白ワイン
各大さじ2
A塩
小さじ2
Aこしょう
少々
Aにんにく(すりおろし)
大さじ½
Aタイム・オレガノ・セージなどお好みのハーブ
各適量
レタス・ミニトマト・赤玉ねぎ
各適量

作り方

1. 切り身にAをもみこんで10分~ひと晩おく。

冷蔵で3日間保存可能

食べるときは、フライパンにオリーブオイル少々(分量外)を中火で熱し、魚を皮目を下にして焼く。焼き色がついたら裏返し、同様に焼く。好みで、レタス、ミニトマト、スライスした赤玉ねぎを添える。

 

 

 

夏の作りおきルール

Rule 1:保存容器を煮沸消毒しておく

おかずを保存する容器は、事前にしっかり煮沸消毒を。鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したら保存容器を10秒以上つけること。

Rule 2:買ってきたらその日のうちに仕込む

消費期限にかかわらず、買ってきた食材は、できるだけその日のうちに仕込みを開始すること。肉や魚などの生鮮食品は特に意識を。

Rule 3:薬味などの防腐作用があるものを入れる

しょうがやにんにく、カレー粉、酢は抗菌・防腐作用があり、料理の保存性を高める効果が。食材をコーティングするオイル漬けも◎

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【簡単レシピ】その他の記事

簡単レシピ
もっと見る